hearthのお気楽洋書ブログ

洋書読みの洋書知らず。永遠の初心者。 まったりとkindleで多読記録を更新中 (Twitter: @hearth2016)

The Lottery (Shirley Jackson) - 「くじ」- 207冊目

ジャンル: 小説(ホラー) 英語難易度: ★☆☆ オススメ度: ★★★★☆ 「臓器くじ」の話をご存知でしょうか。 哲学者ジョン・ハリスが示した思考実験です。 1. 公平なくじで健康な人をランダムに一人選んで殺す。 2. その人の臓器を取り出し、臓器移植を必要とする人…

Big Bang (Simon Singh) - 「ビッグバン宇宙論」- 206冊目

ジャンル: サイエンス・ロジック 英語難易度: ★★☆ オススメ度: ★★★★☆ サイモン・シン 科学啓蒙書シリーズ3作目は「Big Bang」です。 本当に彼の著作にはハズレがありません。 天文学の歴史を紐解きつつ、教科書のように単に知識を並べるのではなく、「なぜそ…

Shawshank Redemption (Frank Darabont) - 「ショーシャンクの空に」- 205冊目

ジャンル: その他 英語難易度: ★☆☆ オススメ度: ★★★☆☆ 先日は原作の方の「Rita Hayworth and Shawshank Redemptions (刑務所のリタ・ヘイワース) 」(200冊目)を紹介しましたが、今回は映画の方を。 大ファンなので脚本を買ってしまいました。 ティム・ロビン…

The Origin of Species (Charles Darwin) - 「種の起源」- 204冊目

ジャンル: サイエンス・ロジック 英語難易度: ★★★ オススメ度: ★★★☆☆ 小さい頃好きだった古いアニメに「メルモちゃん」というのがありました。 手塚治虫先生による名作です。 幼い女の子メルモちゃんが赤色と青色の不思議なキャンディを舐めることで、一気に…

Getting to Yes (Roger Fisher) - 「ハーバード流交渉術」- 203冊目

ジャンル: ビジネス・経済 英語難易度: ★☆☆ オススメ度: ★★★★☆ 「交渉力」と言えば、僕にはいつも思い浮かぶ人がいます。 もう十数年も前の話です。 会社でのプロジェクトで複数の企業にまたがる大規模なコンピュータシステムを導入するというプランがあり、…

Harry Potter and the Philosopher’s Stone (J.K. Rowling) - 「ハリーポッターと賢者の石」- 202冊目

ジャンル: 小説 (ファンタジー) 英語難易度: ★☆☆ オススメ度: ★★★★★ 少し前の話ですが、AIにハリー・ポッターシリーズを読み込ませて、J.K.ローリングの筆致を真似した短いお話を作らせたというニュースが話題になりました。その名も「Harry Potter and the …

The Pleasure of Finding Things Out (Richard P. Feynman) - 「聞かせてよ、ファインマンさん」- 201冊目

ジャンル: サイエンス・ロジック 英語難易度: ★★☆ オススメ度: ★★★★☆ ファインマンさんを取り上げるのは、もう何冊目になりますか… 今回はエッセイ集です。 講演、インタビューを元にまとめたもの。随分と読みやすいと感じました。 ただほかの本に書かれてい…

Rita Hayworth and Shawshank Redemptions (Stephen King) - 「刑務所のリタ・ヘイワース」- 200冊目

ジャンル: 小説(サスペンス) 英語難易度: ★★☆ オススメ度: ★★★★★ ついに200冊目のキリ番になりました。 今日は大好きな本の感想を書くことにします なので長くなりますが… 「男は強くなければ生きていけない。優しくなければ生きている資格がない」 フィリッ…

The Code Book (Simon Singh) - 「暗号解読」- 199冊目

ジャンル: サイエンス・ロジック 英語難易度: ★★☆ オススメ度: ★★★★☆うーん、安定の面白さ! サイモン・シンの科学面白本第2弾は「The Code Book」です。 サイモン・シンの著作が比類なく素晴らしい点は、どの著作も専門知識のないシロートさんに対しても知的…

Live Girls (Ray Garton) - 「ライヴ・ガールズ」- 198冊目

ジャンル: 小説(ホラー) 英語難易度: ★★☆ オススメ度: ★★★☆☆ アダルトホラー。 ストリップのライブショーをする風俗嬢(ライヴ・ガールズ)が実は吸血鬼だった。「いいことしましょ❤️」別室に誘われ彼女たちから様々な”サービス”を受ける男達。 恍惚の状態で至…

Fermat’s Last Theorem (Simon Singh) - 「フェルマーの最終定理」- 197冊目

ジャンル: サイエンス・ロジック 英語難易度: ★★☆ オススメ度: ★★★★★ 数学本を読んで鳥肌が立つことがあろうとは… 本作、最初に出会ったのは邦訳の方なのですが驚愕の面白さでした。 文句ナシの目ウロコ本。上質のミステリーのようです。 Malcom Gladwellの…

Outbreak (Robin Cook) - 「アウトブレイク - 感染」- 196冊目

ジャンル: 小説(推理) 英語難易度: ★★☆ オススメ度: ★★★☆☆ ロビン・クックによる医療ミステリー、というか医療ホラー小説。 死亡率90%以上といわれるエボラ出血熱がアメリカ本土で猛威を振るうというお話。 CDC(Center for Disease Control)という存在をこの…

The Meaning of It All ( Richard P. Feynman) - 「科学は不確かだ!」- 195冊目

ジャンル: サイエンス・ロジック 英語難易度: ★★☆ オススメ度: ★★★★☆ 「さーて、今回のファインマンさんは…」 ワシントン州立大学で3夜に渡って行った記念講演をまとめたものです。 没後10年ほどしてから発刊されました。 科学に対する考え方・姿勢や社会と…

Of Mice and Men (John Steinbeck) - 「二十日鼠と人間」- 194冊目

ジャンル: 小説(モダンクラシック) 英語難易度: ★★☆ オススメ度: ★★★★☆ スティーブン・キングに「グリーンマイル」というホラー小説があります。(感想は65冊目) 映画も有名です。 コーフィーという大男が主人公なんですが、キングのこの小説は本作「Of Mice …

Presentation Zen (Garr Reynolds) - 「プレゼンテーション Zen」- 193冊目

ジャンル: ビジネス・経済 英語難易度: ★☆☆ オススメ度: ★★☆☆☆ 会社でごくごくたまに海外幹部の前でプレゼンテーションをする機会があります。 しかし、コレは何度やっても慣れませんね。 頭真っ白になってしまう。 ホントに苦手です。 で、何かの参考になれ…

Cosmos (Carl Sagan) - 「コスモス」- 192冊目

ジャンル: サイエンス・ロジック 英語難易度:★☆☆ オススメ度: ★★★☆☆ コーネル大学教授カール・セーガン博士による1980年代に放映された同名のTVシリーズが有名。 日本でも一大ブームを巻き起こしました。 博士はもう亡くなられましたが当時はNASAとの協力の…

The Hobbit (J.R.R. Talkien) - 「ホビットの冒険」- 191冊目

ジャンル: 小説(ファンタジー) 英語難易度: ★★☆ オススメ度: ★★☆☆☆ 名作「指輪物語」を読む前に、前日譚としてまずはこちらという事で読んでみました。 なんだこれ。なかなか可愛いらしいオープニング。ドワーフ(小人)たちの登場シーンはなんだかワサワサと…

Focal Point (Brian Tracy) - 「大切なことだけやりなさい」- 190冊目

ジャンル: 経済・ビジネス 英語難易度: ★☆☆ オススメ度: ★★★★☆ 類書は多くありますが、ビジネス本の中でぼくが最も影響を受けた本の一つです。 (邦題がダサいところが惜しい… ) Greg Mckeown 「Essentialism (エッセンシャル思考)」(21冊目に感想) と似た内…

The Sound of Music (Maria Augusta Trapp) - 「サウンド・オブ・ミュージック」 - 189冊目

ジャンル: 自伝 英語難易度: ★★☆ オススメ度: ★★★★☆ 今までで何度も繰り返し観た映画は「レイダース」、「ショーシャンクの空に」そしてこの「サウンド・オブ・ミュージック」。 どストレートで何のひねりもありません。 分かりやすい冒険活劇や感動作が昔か…

The Goal (Eliyahu Goldratt) - 「ザ・ゴール」- 188冊目

ジャンル:ビジネス・経済 英語難易度:★★☆ オススメ度:★★★★☆ 「十分に発達した科学技術は魔法と見分けがつかない。」 科学技術の話ではありませんが、ある不可思議な現象について、理論として理解している人から見ればしごく当然の事だったとしても、知らない…

Bridget Jone’s Diary (Helen Fielding) - 「ブリジット・ジョーンズの日記」- 187冊目

ジャンル: 小説(ロマンス) 英語難易度: ★★☆ オススメ度: ★★★★☆ 三十路女性の生の声。 なかなか読みごたえありました。 とてもリアルな筆致で実際にこんな風に感じながら日々を過ごしているんだろうなーって思います。 少なくともジブリ映画に出てくる優しく…

The Prism and the Pendulum (Robert Crease) - 「世界でもっとも美しい10の科学実験」- 186冊目

ジャンル:サイエンス・ロジック 英語難易度:★★★ オススメ度: ★★★☆☆ 邦題が「世界でもっとも美しい10の科学実験」。 うまい、うま過ぎる! (風が語りかけます。 って、誰も知らんか…) このタイトル見ただけで読みたくなります。 元々この原書を手にしたのはこ…

Tell Me What? (Edition: Bounty Books) - 185冊目

ジャンル: その他 英語難易度: ★☆☆ オススメ度: ★★★☆☆ 小さい頃から図鑑が好きでした。 家に図鑑が無かったもんですから、ご近所さんで図鑑を持っているお家に上がり込んで、動物図鑑や昆虫図鑑(小学館が出してたやつです)なんかを引っ張り出して飽きもせず…

The Shift: The Future of Work is Already Here (Lynda Gratton) - 「ワーク・シフト」- 184冊目

ジャンル: ビジネス・経済 英語難易度: ★★☆ オススメ度: ★★★☆☆ 近未来社会において、人類の営みはどのように変化していくのか、またその中で生き残っていくためには、どのように考え方や行動を変化(シフト)させねばならないかについて説いた本。 英文は平…

Anne’s House of Dreams (L.M. Montgomery) - 「アンの夢の家」- 183冊目

ジャンル:小説(児童) 英語難易度:★★☆ オススメ度:★★★★☆ いよいよアン・ブックス5冊目ー! 若き医者となったギルバートとアンが晴れて結婚して新婚生活を始めるところからお話はスタートします。 辛い経験を経ながらも子供に恵まれ成長していく過程を通じ…

The Carl Rogers Reader (Carl Rogers) - 「ロジャーズ選集」- 182冊目

ジャンル: サイエンス・ロジック 英語難易度: ★★★ オススメ度: ★★★☆☆ 臨床心理学の専門書、デデーン! と、仰々しく上げましたが、正直言ってちょっと専門的に過ぎました。 僕には難しかったようです。(1989年発刊) カール・ロジャーズ氏。 「プロカウンセラ…

振り返り 第二弾!!! - 2017年に感想を書いた洋書リスト

今年も自分の整理用に、2017年に感想を書いた洋書を振り返ってリストにしてみました。 98冊目から180冊目まで82冊。 少しビジネス書が多かったようです。 去年の今頃はもっと小説を読みたいと思っていたのですが…今年もオモシロ本に出会えますように。(基本…

A Beautiful Mind (Sylvia Nasar) - 「ビューティフル・マインド」- 181冊目

ジャンル: ノンフィクション 英語難易度: ★★☆ オススメ度: ★★★★☆ 2018年 明けましておめでとうございます。 今年もマッタリと読書記録、続けていきたいなと思っております。 細く長くのお付き合い、よろしくお願いします。 さて本年の第一弾は「A Beautiful …

Management (Peter F. Drucker) - 「マネジメント」- 180冊目

ジャンル: 経済・ビジネス 英語難易度: ★★☆ オススメ度: ★★★★☆ ドラッカーの「マネジメント」。 経営書のバイブルとして真っ先に上げられる名著。 分厚い本ですがこれは外せない。 経営はテクニックではなくある意味、哲学的な根幹となる思想が必要だと感じ…

Casino Royale (Ian Fleming) - 「カジノ・ロワイヤル」- 179冊目

ジャンル: 小説 (推理) 英語難易度: ★★☆ オススメ度: ★★★☆☆ イアン・フレミングによる「007」シリーズの記念すべき第1作。 あの映画の原作を読んでいるとは思えないほどのかなり硬派なイメージ。 この第1作目に登場した時点では既に「殺しのライセンス」で…