hearthのお気楽洋書多読ブログ

洋書読みの洋書知らず。永遠の初心者。 まったりとkindleで多読記録を更新中 (Twitter: @hearth2016)

Rocket Boys (Homer Hickam Jr.) - 「ロケット・ボーイズ」 - 140冊目

ジャンル: ノンフィクション(自伝) 英語難易度: ★★☆ オススメ度: ★★★☆☆ 「おーい磯野ー、ロケット飛ばそうぜー」 中島くんの声が聞こえてきそうです。 ガムシャラに情熱を燃やす少年たちによる青春ストーリーは感動モノです。 ソ連の人工衛星スプートニクが…

Childhood's End (Arthur C. Clarke) - 「幼年期の終わり」- 139冊目

ジャンル: 小説(SF) 英語難易度: ★★☆ オススメ度: ★★★☆☆ いかにも神林しおり嬢の好きそうな黒っぽい表紙です。 ハードなSFではなくて思いのほか読みやすい英文。 ストーリー設定が巧みで一気に読ませる内容ですね。 簡単にあらすじを。 ある日宇宙の彼方より…

The Brain and Emotional Intelligence (Daniel Goldman) - 138冊目

ジャンル: サイエンス・ロジック 英語難易度: ★★☆ オススメ度: ★★★☆☆ 著者Daniel Goleman と「Thinking Fast & Slow」のDaniel Kahnemanとを、よくごっちゃにしてしまいます。名前は似ているけど別。 タイトルにあるEmotional intelligence は本来ならEIとで…

Dear Enemy (Jean Webster) - 「続・あしながおじさん」 - 137冊目

ジャンル: 小説(児童) 英語難易度: ★☆☆ オススメ度: ★★★★☆ 「あしながおじさん」の続編ですが、本作の主人公はあしながおじさんと結婚した前作の主人公ジュディではなく彼女の親友サリーです。 ぺンディルトン(あしながおじさんのこと)夫人となったジュディ…

Outliers (Malcolm Gladwell) - 「天才! 成功する人々の法則」- 136冊目

ジャンル: サイエンス・ロジック 英語難易度: ★★☆ オススメ度: ★★★★★ 「一万時間の法則」ってご存知ですか? 本作は有名なこの概念の出どころとなった本です。 邦題は「天才! 成功する人々の法則」。 ちょっと狙い過ぎですねー。 これだと、一山いくらのナン…

Poirot Investigates (Agatha Christie) - 「ポワロ登場」- 135冊目

ジャンル: 小説(推理) 英国難易度: ★☆☆ オススメ度: ★★★☆☆ エルキュール・ポワロを主人公にした最初の短編集。(1924年発刊) 推理小説界のメインストリームであるホームズ物の設定をキッチリと踏襲しています。 上から目線のホームズと書記 & 讃え役ワトソン…

Surely, You're Joking, Mr. Feynman! (Richard P. Feynman) - 「ご冗談でしょう、ファインマンさん」 - 134冊目

ジャンル: 自伝 英語難易度: ★☆☆ オススメ度: ★★★★★ 「オススメ本を敢えて一冊に絞るとすれば?」と誰かに尋ねられたら、散々迷うでしょうが間違いなくトップテンのラインアップに入れると思う本があります。 それは「赤毛のアン」(95冊目に感想)と、この「フ…

Anne of Avonlea (L.M. Montgomery) - 「アンの青春」- 133冊目

ジャンル:小説(児童) 英語難易度: ★☆☆ オススメ度: ★★★★☆ アンブックスの第二巻。 一巻の頃の快活さを持ちつつも、少し大人になったアンに出会えます。 弱冠16歳にして地元の小学校の先生の経験を経て、名門大学への進学を目指すアン。 大好きだったマシュー…

Blink (Malcolm Gladwell) - 「第1感 - 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい」- 132冊目

ジャンル: サイエンス・ロジック 英語難易度: ★★☆ オススメ度: ★★★★☆ マルコム・グラッドウェルの科学読本の一つ。 これはどんどん続きが読みたくなってしまうタイプの面白本。 オススメです。 最初の一瞬で得られる情報量をナメてはいけない! 手間暇かけて…

Do Androids Dream of Electric Sheep? (Philip K. Dick) - 「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」 - 131冊目

ジャンル: 小説(SF) 英語難易度: ★★☆ オススメ度: ★★★☆☆ 「電気羊」はSF界の金字塔。 文体は思いのほか平易で読みやすく、ストーリーもそれほど難解ではありません。 ヒトの感情をコントロールする機械が出てくるなんて、星新一のショートショートに出てきそ…

Intelligence and the Brain: Solving the Mystery of Why People Differ in IQ and How a Child Can Be a Genius (Dennis Garlick) - 130冊目

ジャンル: サイエンス・ロジック 英語難易度: ★☆☆ オススメ度: ★★★★☆ 知性と脳の働きについて手当たり次第に読んでいた頃に出会った本の一つ。 かなり読みやすいです。 こういった科学読本系の中で、難しい専門用語が使われずシロウトにも読みやすいものがた…

Postmortem (Patricia Cornwell) - 「検屍官」- 129冊目

ジャンル: 小説(推理) 英語難易度: ★★☆ オススメ度: ★★★☆☆ 痛そうな描写が苦手です。 家の中をバタバタと走っていて小指をタンスのカドにぶつけるとか、カミソリの背と腹を間違えて指でスーッとやるとか… 少し話は逸れますが、前にサルバドール・ダリ展を観…

Dave Barry's Bad Habits a 100% Fact-Free Book (Dave Barry) - 128冊目

ジャンル: その他 英語難易度: ★☆☆ オススメ度: ★★☆☆☆ 落語が好きです。 特に全盛期の笑福亭仁鶴や桂枝雀など上方落語が特に好みですねー。 まだ朝丸と名乗っていた頃の桂ざこばの「阿弥陀ヶ池」っていうネタがあるんですが、これが面白いんですよ。 オスス…

Mastering the Art of War (Zhuge Liang) - 127冊目

ジャンル: 古典 英語難易度: ★★☆ オススメ度: ★★★☆☆ 中国の人名の英語表記って、パッと見て誰のことだか分からないですよね。 「Sun Tzu 」が孫子だとか… さて、 ここで問題です。 この兵法書「孫子」の解説書を著した「Zhuge Liang」って誰でしょう? 有名…

Brain Candy: Science, Paradoxes, Puzzles, Logic,and Illogic to Nourish Your Neurons (Garth Sundem) - 126冊目

ジャンル: サイエンス・ロジック 英語難易度: ★☆☆ オススメ度: ★★★☆☆ 試験勉強中の女子高生ヨミいわく、「シュークリーム分が不足してきた!」(出典: あずまんが大王) けだし名言である。 ぼくはそれほど甘党ではありませんが、普段使わない頭を酷使した時に…

Ficciones (Jorge Luis Borges) - 「ボルヘス伝奇集」- 125冊目

ジャンル: 小説(ファンタジー) 英語難易度: ★★★ オススメ度: ★★★☆☆ ボルヘスの「伝奇集」。 (1944年発刊) 自分はまだボルヘスを読む力量に達していないことを確認するために読んだようなものでした。 ベースとなる西洋文学の知識が無いと、なにがオマージュ…

The Big Ass Book of Jokes (Rudy A. Swale) - 124冊目

ジャンル: その他 英語難易度: ★☆☆ オススメ度 ★★☆☆☆ 正直言ってあんまり中身のない本。(すんません) 結構なボリュームですが、暇つぶしにはもってこいで英語も難しくありません。 ジャパンタイムス紙の伊藤サムさんによると、洋書の多読はカンタンな本をた…

Hyperion (Dan Simmons) - 「ハイペリオン」- 123冊目

ジャンル: 小説(SF) 英語難易度: ★★★ オススメ度: ★★★☆☆ それなりに面白く読めましたがそれにしても長いですね。「ハイペリオン」、続編の「ハイペリオンの没落」ともに、このタイトルはジョン・キーツの叙情詩から取っているそうです。(もちろん読んだこと…

Discourse on the Method (Rene Descartes) - 「方法序説」-122冊目

ジャンル: 哲学 英語難易度:★★★ オススメ度: ★★☆☆☆ デカルトです。 哲学書にも挑戦してみました。 これまで難解な本は避けようとする恥の多い生涯を送ってきたのですが、この「方法序説」は英訳で再読してもよいかなと。 というのも、むかし岩波文庫で読んだ…

Frost at Christmas (R.D. Winfield) - 「クリスマスのフロスト」 - 121冊目

ジャンル: 小説(推理) 英語難易度: ★★★ オススメ度: ★★★☆☆ 本作はシリーズの第1作目。 ずいぶん前になりますが前評判が高かったので読んでみました。 シュッとした名探偵が出るわけではありません。 口とガラの悪いフロスト警部が登場、難事件を解決するとい…

The Black Swan (Nassim Nicholas Taleb) - 「ブラック・スワン - 不確実性とリスクの本質」- 120冊目

ジャンル: 経済・ビジネス 英語難易度: ★★☆ オススメ度: ★★★☆☆ 経済学の本のタイトルが、なぜブラックスワン? もう十分有名な話でしょうが、書いときますね「黒い白鳥」のエピソード。「むかし西洋では白鳥(Swan)と言えば白いものと決まっていた。 そのこと…

The Last Lecture (Randy Paushe) - 「最後の授業 ぼくの命があるうちに」- 119冊目

ジャンル: ノンフィクション(自伝) 英語難易度: ★★☆ オススメ度: ★★★☆☆ アルフォンス・ドーデの短編小説「最後の授業」のことではありません。 著者のランディ・パウシュは名門カーネギー・メロン大学のコンピュータ科学の教授でした。 すい臓癌に冒され既に…

The Thirteen Problems- Miss Marple (Agatha Christie) - 「火曜クラブ」- 118冊目

ジャンル: 小説(推理) 英語難易度: ★★☆ オススメ度: ★★★☆☆ ウチの嫁さんは勘がよく働きます。 僕が鈍感なだけかも知れませんが「よくわかったねー」っていうと、「もちろん! ミス・マープルですから!」とのたまう。( それを言うならミセス・マープルでしょと…

Tell Me Why: The Beatles (Tim Riley) - 「ビートルズ全曲解説」-117冊目

ジャンル: その他 英語難易度: ★★☆ オススメ度: ★★☆☆☆ 最近、ビートルズのトリビュートバンドに凝っています。 "Fab Four"と"1964 the Tribute" 。 数多あるコピーバンドの域を超えています。 とてつもなく素晴らしい。 特にFab Four のジョン・レノン担当の…

The Spy Who Came in from the Cold (John le Carre) - 「寒い国から帰ってきたスパイ」- 116冊目

ジャンル: 小説(推理) 英語難易度: ★★☆ オススメ度: ★★★★☆ ル・カレの回想録(「地下道の鳩」)が近々出版されるそうですね。 それにちなんで今日はこの一冊。 随分前に一度、邦訳で読んだのですが、ほとんどストーリーを覚えていなかったので新鮮な気持ちで再…

In Search of Excellence (Thomas J. Peters) - 「エクセレント・カンパニー」- 115冊目

ジャンル: 経済・ビジネス 英語難易度: ★★☆ オススメ度: ★★★☆☆ かつて日本でもベストセラーになったトム・ピーターズとロバート・ウォーターマンによる経営書「エクセレント・カンパニー」の原書。 (1982年発刊) 当時の超優良企業の実例をいくつか上げて、理…

Jurassic Park (Michael Crichton) - 「ジュラシック・パーク」- 114冊目

ジャンル: 小説(SF) 英語難易度: ★☆☆ オススメ度: ★★★★☆ 映画でも空前のヒットとなったマイケル・クライトン著の同名の原作。 (1990年発刊) 最初、映画のノベライズ版かと思ってましたが違ってました。小説が先で独自のストーリー。 文章が平易で読みやすく…

The Analects (Confucius) - 「論語」- 113冊目

ジャンル: 古典 英語難易度: ★★☆ オススメ度: ★★☆☆☆ 「洋書読みの洋書知らず」が「The Analects (論語)」を読んでみました。 英語のフィルターを通しているためか、意味の理解度としては漢文で読むよりも分かりやすかったような気がします。 が、「心で読む…

The Life-Changing Magic of Tidying Up (Marie Kondo) - 「人生がときめく片づけの魔法」- 112冊目

ジャンル: その他 英語難易度: ★☆☆ オススメ度: ★★★☆☆ レッツ・シンプルライフ! シリーズ。(なんだ、それ) 今までいろいろとミニマリズム系の海外の本を取り上げてきましたが、日本でもベストセラーになり、TIME誌の「最も影響力のある100人」に日本人として…

iCon: Steve Jobs (Jeffrey S. Young) - 「スティーブ・ジョブズ 偶像復活」- 111冊目

ジャンル: その他 英語難易度: ★★☆ オススメ度: ★★★★☆ 「ジョブズは激怒した」 メロスではありません。 本作の発刊に当たってジョブズはこの本の内容について認められないと激怒し、差し止めようとしたとのこと。 それほどまでに赤裸々に描かれているという…