読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hearthのお気楽洋書多読ブログ

洋書読みの洋書知らず。永遠の初心者。 まったりとkindleで多読記録を更新中 (Twitter: @hearth2016)

Heidi (Johanna Spyri) - 「アルプスの少女ハイジ」- 46冊目

ジャンル: 小説 (児童)
英語難易度: ★☆☆
オススメ度: ★★★☆☆

  長〜いブランコに乗るオープニングで有名な名作アニメ劇場「アルプスの少女ハイジ」のヨハンナ・シュピリ原作の英訳書。(1880年発刊)

   アニメも有名だけど、原作も面白い。ハイジが無理やり連れて来られた都会生活の中で鬱から夢遊病のようになったり、ペーターの身勝手な行動があったり、アルムおんじの暗い過去だったり、「こんな話だったっけ?」と思うところもあったが…


メモポイント

●   アニメではハイジが美味しそうな熱々のチーズを乗せたパンをアルムおんじからもらうシーンがあった。その元ネタがここかな。

「The kettle soon began to boil, and meanwhile the old man held a large piece of cheese on a long iron fork over the fire, turning it round and round till it was toasted a nice golden yellow color on each side. Heidi watched all that was going on with eager curiosity」

英文で読んでもウマソー。


● 人の喜びを自分の喜びとするハイジは、偏屈で変わり者で周りの人々から敬遠されていたアルムおんじの心を開く。

「The child was clinging to the old man and looking up at him in trustful confidence. The grandfather looked down at Heidi for a while without speaking, and then said, "Yes, Heidi, we will do something to stop the rattling, at least we can do that; we will go down about it to-morrow!" The child went skipping round the room for joy, crying out, "We shall go to-morrow! we shall go to-morrow!」

  この少女とおじいさんの関係は、「赤毛のアン」のマシューおじさんを思い出させる…  「そうさなぁ、そいつはいい考えだ」ってマシューなら言いそう。 「 赤毛のアン」が好きな人ならハイジもオススメです!

Heidi (English Edition)

Heidi (English Edition)

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村