hearthのお気楽洋書多読ブログ

洋書読みの洋書知らず。永遠の初心者。 まったりとkindleで多読記録を更新中 (Twitter: @hearth2016)

The Sign of Four (Arthur Conan Doyle) - 「四つの署名」 - 55冊目

ジャンル: 小説(推理)
英語難易度: ★★☆
オススメ度: ★★★☆☆

   続いて「四つの署名」。(1890年発刊)  ホームズがコカイン依存症だった記述あり。 当時は麻薬は推奨されないとはいえ、合法だったんだ。

メモポイント

● (全ての要素を検討して唯一残った結論はいかに荒唐無稽だったとしてもそれが真実なのだよ。名探偵コナンが受け継いでます。「真実は常に一つ!」)

  • Eliminate all other factors, and the one which remains must be the truth.”


● (僕は自分の頭脳に刺激を与えないとダメなんだよ。生きている甲斐がない。コカインに耽っているホームズ。 ダメ人間ですわー。)

  • I cannot live without brainwork. What else is there to live for?


●  (automatonやcalculating machine になぞらえるなんて、割と褒め言葉に聞こえる。ワトソンが一目惚れしたこの女性は、後の彼の奥さんです。)

  • “What a very attractive woman!” I exclaimed, turning to my companion. He had lit his pipe again and was leaning back with drooping eyelids. “Is she?” he said languidly; “I did not observe.” “You really are an automaton —a calculating machine,” 

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村