hearthのお気楽洋書多読ブログ

洋書読みの洋書知らず。永遠の初心者。 まったりとkindleで多読記録を更新中 (Twitter: @hearth2016)

Presentation Secrets of Steve Jobs (Carmine Gallo) - 「スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン」- 85冊目

ジャンル: 経済・ビジネス
英語難易度: ★☆☆
オススメ度: ★★★★☆

「Insanely simple 」(52冊目)の紹介の時にも書いたけど、スティーブ・ジョブズの根幹にある哲学はシンプルであれ、という事。   アメリカナイズされた大袈裟なプレゼンの手法はそのまま日本で通用するかっていうと???  だが、人にモノを伝えて期待どおりの結果を導くという「コミュニケーション」の極意が詰まっている。(2009年発刊)

メモポイント
(印象の残ったフレーズをいくつか。)

● プレゼンの時、一枚のスライドに全部盛り込んじゃダメ!   シンプルにして余白の美を醸し出そう。
 it’s “laziness” on the part of the presenter to put everything on one slide. Dense information and clutter requires too much effort for your audience. Simplicity is powerful. Empty space implies elegance, quality, and clarity.


● 小難しく言わなきゃバカにされると思い過ぎ。  自分は難しい事やってんだとアピールし過ぎ。  実際はシンプルに分かりやすく伝える方が聴衆を魅了する。
   Others criticize simplicity because they need to feel that it’s more complicated. If everything were so simple, they think their jobs could be eliminated. It’s our fear of extinction, our fear of elimination, our fear of not being important that leads us to communicate things in a more complex way than we need to.”


● プレゼンで緊張しない秘訣は3つある。 一つ目は「準備」、2つ目は「準備」、そして3つ目。これが一番大事なんだけど、実は「準備」です。
   Relentless preparation is the single best way to overcome stage fright: know what you’re going to say, when you’re going to say it, and how you’re going to say it.


  本作、ビジネス書としても一級品。 文句なしの目ウロコ本!

"Stay hungry. Stay foolish."
(ハングリーであれ、愚か者であれ)

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村


洋書ランキングへ