読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hearthのお気楽洋書多読ブログ

洋書読みの洋書知らず。永遠の初心者。 まったりとkindleで多読記録を更新中 (Twitter: @hearth2016)

A Mathematician Reads the Newspaper (John Allen Paulos) - 「数学者が新聞を読むと」 -109冊目

サイエンス・ロジック

ジャンル: サイエンス・ロジック
英語難易度: ★★☆
オススメ度: ★★☆☆☆

ジョン・A.パウロス著、邦題「数学者が新聞を読むと」。(1995年発刊)
新聞で取り扱われている数字について、数学者の観点ではどう見えるかということを世間一般の話題に落とし込んで説明してくれるという「般教」的読み物です。 数量的思考、統計学、確率論などの話が出てくるので、 ある程度、数学素養のある人が読んだ方が理解と記憶の定着がよいように思えました。

この手の本を読むと、ドップリ文系の私としてはキチンと基礎から数学を勉強したいという気にさせてくれます。 今、結城浩氏の「数学ガール」読んでます。 ラノベ風でわかりやすいはずの本なんでしょうが、これでも結構手こずってます。
くじけそう…

A Mathematician Reads the Newspaper

A Mathematician Reads the Newspaper

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村


洋書ランキングへ