hearthのお気楽洋書多読ブログ

洋書読みの洋書知らず。永遠の初心者。 まったりとkindleで多読記録を更新中 (Twitter: @hearth2016)

Jurassic Park (Michael Crichton) - 「ジュラシック・パーク」- 114冊目

ジャンル: 小説(SF)
英語難易度: ★☆☆
オススメ度: ★★★★☆
 
   映画でも空前のヒットとなったマイケル・クライトン著の同名の原作。 (1990年発刊)  
  最初、映画のノベライズ版かと思ってましたが違ってました。小説が先で独自のストーリー。  文章が平易で読みやすくかなり面白い。  作者はハーバード出身の医者だけに、医学や遺伝子工学の説明部分はリアルで分かりやすかったです。  


読みどころポイント

● 日本企業名がハマグリだったりデンサカだったり、ハマチだったり、ひ、ひどすぎる。 もう少しネイティヴチェック入れればいいのに… こんなに綿密な小説書く人なのにこの辺のリサーチがいい加減だなぁ。

● こまっしゃくれた妹レックスの描き方がうまい。こんなに身勝手な子供はいないだろうというくらい憎らしい。(映画では頭の良いお姉さんだったが、原作ではワガママ放題の妹だった。 ここまで腹立つ子供はそういない)

● 数学者イアン・マルコムが頭脳明晰でカッコイイ。  中盤辺りで傷ついてベッドの上に横たわりながら、現代科学の問題点と限界について持論を展開するシーンがある。 これがとても素晴らしくその主張展開には納得させられた。

● 「進化の歴史が証明しているだろう。命は自由を求めるもんだ。命は新しい世界を探すんだよ。それが厳しく危険だったとしても、命はおのずと抜け道を見つけ出すんだ」  

Because the history of evolution is that life escapes all barriers. Life breaks free. Life expands to new territories. Painfully, perhaps even dangerously. But life finds a way.”

(人工的に生み出された恐竜が自然繁殖するとは考えられないと説明されてグラント博士が言った言葉。  映画版でも使われていた。)

● (襲いかかるラプトルに対処しようとするハンターに対して) ハモンドが不満を漏らす。「ワシの恐竜たちに何をするつもりじゃ」 
「それは質問が違ってませんかね、ハモンドさん」 マルドゥーンが応える。「問題は、恐竜たちが我々に何をしようとしているかという事です」

Hammond whined, “But what are you going to do to my animals?” “That’s not really the question, Mr. Hammond,” Muldoon said. “The question is, what are they going to do to us?”

(あまりにも危機感が無さ過ぎるパークオーナーのハモンド。この事態を招いた自責の念が全く無い。   彼の信じられないぐらいの無能な能天気さと、失敗を全て他人のせいにする態度には本当に読んでいてイライラさせられた。)


     この小説は大きなシステム関連プロジェクトを立ち上げた企業が失敗していくリアルな例を表しているように感じました。  アイデアは盛り沢山だけど、プログラムはバグだらけ。 トラブルがあってもトップは危機感が全くなく必要な手を打たない。   既視感を覚えたのはトップの態度ですな。

「指示は出した。 後はよきにはからえ」

Jurassic Park: A Novel

Jurassic Park: A Novel

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村


洋書ランキングへ