読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hearthのお気楽洋書多読ブログ

洋書読みの洋書知らず。永遠の初心者。 まったりとkindleで多読記録を更新中 (Twitter: @hearth2016)

Anne of Avonlea (L.M. Montgomery) - 「アンの青春」- 133冊目

ジャンル:小説(児童)
英語難易度: ★☆☆
オススメ度: ★★★★☆

アンブックスの第二巻。 一巻の頃の快活さを持ちつつも、少し大人になったアンに出会えます。
弱冠16歳にして地元の小学校の先生の経験を経て、名門大学への進学を目指すアン。 大好きだったマシューおじさん亡き後、マリラおばさんの心の支えとなるアン。 マリラも随分歳をとって丸くなった。 本当の母と娘のよう。 今回も魅力たっぷりな人々との出会いがいっぱいです。(1909年発刊)


メモポイント (ネタバレ注意)

● 男女双子の孤児ディビーとドーラを引き取ったマリラとアン。 アンとのしばらくの別れの際に、ドーラが上品に一粒だけ涙を流すシーン。 これってアルアル。 小さな頃からシッカリしているこんな女の子いますよね。 それにしても作者のモンゴメリーは、腕白いたずらっ子ディビーと比べて、良い子ちゃんでおとなしいドーラを少し厳しく描き過ぎじゃないかな。 アンの親友ダイアナもそうだけど、平凡だけど良い子だなとおもうんですけどね。


● アンは「腹心の友」のダイアナに語る。 アボンリーに初めてきた頃、知り合いが誰もおらず愛情に飢えていた幼いアンにとって、ダイアナの存在はいかに支えになったことか。 永遠の友となる誓いをたてた二人。 想像力など足りなくても構わない。 かけがえのない友。

“Dear old Jane is a jewel,” agreed Anne, “but,” she added, leaning forward to bestow a tender pat on the plump, dimpled little hand hanging over her pillow, “there’s nobody like my own Diana after all. Do you remember that evening we first met, Diana, and ‘swore’ eternal friendship in your garden? We’ve kept that ‘oath,’ I think…we’ve never had a quarrel nor even a coolness. I shall never forget the thrill that went over me the day you told me you loved me. I had had such a lonely, starved heart all through my childhood. I’m just beginning to realize how starved and lonely it really was. Nobody cared anything for me or wanted to be bothered with me. I should have been miserable if it hadn’t been for that strange little dreamlife of mine, wherein I imagined all the friends and love I craved. But when I came to Green Gables everything was changed. And then I met you. You don’t know what your friendship meant to me. I want to thank you here and now, dear, for the warm and true affection you’ve always given me.”
“And always, always will,” sobbed Diana. “I shall never love anybody…any girl…half as well as I love you. And if I ever do marry and have a little girl of my own I’m going to name her Anne.”


● お互いに惹かれ合う気持ちがあるのに、なかなか進まないアンとギルバートの関係。 本当にヤキモキさせられます。 そしてラストシーン… とても美しい描写です。

相思相愛でありながら少しの誤解によりずっと仲違いしていたミス・ラベンダーとアーヴィング氏が数十年の月日を経てやっと一緒に歩き始める。 それを指して「なんてロマンチックなんでしょう」と夢見がちにアンは語る。 それを受けてギルバート、「確かに素敵だ。でもね、最初から仲違いなどせずに一緒に手をたずさえて共に歩けていた方がどんなに素晴らしかっただろうと僕は思うよ」 幼い頃にアンの赤毛をからかったギルバート。 これが元でずっと意地を張り合っていた自分たちに重ね合わせて語る。ギルバートから向けられる愛おしむような眼差しを見て、アンは自らの気持ちに改めて気づく。 「ロマンスとは燃えさかる情熱的なものではなく、気がつけばずっと寄り添って歩いてきた昔からの友人のようにそっと訪れるものかもしれない」 その瞬間からまわりの景色は昨日までとは違って見えてくる。 アンの心のページは少女から一人の大人の女性へとめくられた。

“Of Miss Lavendar and Mr. Irving,” answered Anne dreamily. “Isn’t it beautiful to think how everything has turned out…how they have come together again after all the years of separation and misunderstanding?”
“Yes, it’s beautiful,” said Gilbert, looking steadily down into Anne’s uplifted face, “but wouldn’t it have been more beautiful still, Anne, if there had been no separation or misunderstanding…if they had come hand in hand all the way through life, with no memories behind them but those which belonged to each other?”
For a moment Anne’s heart fluttered queerly and for the first time her eyes faltered under Gilbert’s gaze and a rosy flush stained the paleness of her face. It was as if a veil that had hung before her inner consciousness had been lifted, giving to her view a revelation of unsuspected feelings and realities.

Perhaps, after all, romance did not come into one’s life with pomp and blare, like a gay knight riding down; perhaps it crept to one’s side like an old friend through quiet ways; perhaps it revealed itself in seeming prose, until some sudden shaft of illumination flung athwart its pages betrayed the rhythm and the music, perhaps…perhaps…love unfolded naturally out of a beautiful friendship, as a golden-hearted rose slipping from its green sheath.

Then the veil dropped again; but the Anne who walked up the dark lane was not quite the same Anne who had driven gaily down it the evening before. The page of girlhood had been turned, as by an unseen finger, and the page of womanhood was before her with all its charm and mystery, its pain and gladness.

二人の仲はやっと次のステージに進もうとしています。 ギルバートはアンの気持ちを大事にして焦らずに待とうと努めます。(Gilbert wisely said nothing more)
そして、次巻に続く。

図書館戦争」の郁と堂上教官も顔負け。ロマンチックが止まらない。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村


洋書ランキングへ