読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hearthのお気楽洋書多読ブログ

洋書読みの洋書知らず。永遠の初心者。 まったりとkindleで多読記録を更新中 (Twitter: @hearth2016)

Outliers (Malcolm Gladwell) - 「天才! 成功する人々の法則」- 136冊目

ジャンル: サイエンス・ロジック
英語難易度: ★★☆
オススメ度: ★★★★★


「一万時間の法則」ってご存知ですか? 本作は有名なこの概念の出どころとなった本です。

邦題は「天才! 成功する人々の法則」。 ちょっと狙い過ぎですねー。 これだと、一山いくらのナンチャッテビジネス本みたいに取られてしまいそう。 内容はもう少しファクトベースに基づいたもので、原題の「Outliers 」の方が本の内容をよく表していると思います。 統計学的に正規分布からかけ離れた特異点となっている「外れ値」のことを指すそうです。
この本の趣旨は、天才を作り上げる話ではなくどのような分野においても皆からかけ離れて傑出した存在となるには、生得の才能はもちろん必要なものの、それを育くむたゆまぬ努力と環境、これら条件がすべて揃わないとダメだよ、と言っているんだと思います。
マルコム・グラッドウェルお得意の膨大な証憑の枚挙により、動かしがたい事実をあぶり出す手法。 文句なしの目ウロコ本で、ページをめくる手が止まりません! (2008年発刊)


メモポイント

● マタイ効果について。 新約聖書のマタイによる福音書にある一節から来ている。 「富めるものはますます富み、貧しき者は持っている物でさえ取り去られるのである」 経済学でも使われる用語だ。 例えば、スポーツ界で大成した選手は、才能だけで今の地位を手に入れたのだろうか? 否、それだけではなく幸運とも言える環境の要素が大きい、と著者は主張する。 「たまたま早く生まれた→ 周りの同学年の子供たちよりも少し身体も大きく成長している→ 指導者から注目される機会が多くなりさらに手をかけてもらえるようになる」という展開だ。 この差のつき方は時とともに加速度を増していく。

“Parents with a child born at the end of the calendar year often think about holding their child back before the start of kindergarten: it’s hard for a five-year-old to keep up with a child born many months earlier. But most parents, one suspects, think that whatever disadvantage a younger child faces in kindergarten eventually goes away. But it doesn’t. It’s just like hockey. The small initial advantage that the child born in the early part of the year has over the child born at the end of the year persists.”


“It is those who are successful, in other words, who are most likely to be given the kinds of special opportunities that lead to further success. It’s the rich who get the biggest tax breaks. It’s the best students who get the best teaching and most attention. And it’s the biggest nine- and ten-year-olds who get the most coaching and practice. Success is the result of what sociologists like to call “accumulative advantage.”



“We do ability grouping early on in childhood...if we look at young kids, in kindergarten and first grade, the teachers are confusing maturity with ability.”


● どんな分野であれ一流になるには一万時間の鍛錬を積まなければならない。 それは漫然と時間を過ごすだけではなく、とてもハードなトレーニングを前提とした一万時間だ。 考えようによっては、このハードトレーニングを一万時間も継続できる人ゆえに「天才」と呼ばれるのかとも思う。 モーツァルトだってビートルズだって、名作を量産できるステージに到達したのは一万時間の鍛錬を経た後の頃だったそうな。

“The idea that excellence at performing a complex task requires a critical minimum level of practice surfaces again and again in studies of expertise. In fact, researchers have settled on what they believe is the magic number for true expertise: ten thousand hours.”
(中略)
“Once a musician has enough ability to get into a top music school, the thing that distinguishes one performer from another is how hard he or she works. That's it. And what's more, the people at the very top don't work just harder or even much harder than everyone else. They work much, much harder.”


● 幸運にせよ、自ら努力で得たものにせよ、理想的な環境が与えられること、そしてその環境下で人並み外れた努力を長期間継続できること、これが才能を開花させるキーとなる。
“We pretend that success is exclusively a matter of individual merit. But there's nothing in any of the histories we've looked at so far to suggest things are that simple. These are stories, instead, about people who were given a special opportunity to work really hard and seized it, and who happened to come of age at a time when that extraordinary effort was rewarded by the rest of society. Their success was not just of their own making. It was a product of the world in which they grew up.”


さて、凡人代表のぼくとして気になるのは、ハードな一万時間の努力を費やすと誰もが「Outliers 」になれるのか、というトコロです。 おそらく答えはノーでしょうね。 天賦の才能は厳然として必要でしょう。 ハンブルグ時代のビートルズと同様に、一日中ステージに立ってハードなスケジュールをこなしていたバンドは他にもあったはずです。 しかし、誰もがレノン&マッカートニーのデビュー当時の鮮烈なメロディーラインを生み出せるとはとても考えられません。

必要条件であって十分条件ではない。 そういうことなんでしょうね。

Outliers: The Story of Success (English Edition)

Outliers: The Story of Success (English Edition)

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村


洋書ランキングへ