hearthのお気楽洋書多読ブログ

洋書読みの洋書知らず。永遠の初心者。 まったりとkindleで多読記録を更新中 (Twitter: @hearth2016)

The Tipping Point (Malcolm Gladwell) - 「ティッピング・ポイント - いかにして小さな変化が大きな変化を生み出すか」 - 142冊目

ジャンル: サイエンス・ロジック
英語難易度: ★★☆
オススメ度: ★★★☆☆

マルコム・マクドウェル 安定の面白さ。 「いかにして小さな変化が大きな変化を生み出すか」という邦題の副タイトルが付けられています。 ほんの些細なきっかけが世界的なブレイクや流行を生む。 それをTipping point と著者は称しています。 「しきい値」や「臨界点」とでも訳すのでしょうか。 ある条件が満たされると燎原の火のごとく伝搬効果に拍車がかかる。 そのきっかけの秘密に迫ります。 マーケティング授業の副読本のようです。(2000年発刊)


メモポイント
● tipping point の三つのルール。 少数の法則、粘り強さの要素、そして環境の力。 爆発的な流行の背景にはこれらのルールのどれかかが当てはまるそうな。 ブームは少人数のキーパーソンによって引き起こされる。 ブームは粘り強く記憶に残る要素を持つ。 そしてブームは環境によって導かれる。

The three rules of the Tipping Point- the Law of the Few, the Stickiness Factor, the Power of Context - offer a way of making sense of epidemics. They provide us with direction for how to go about reaching a Tipping Point.


● 少数の法則について。 流行を巻き起こすきっかけは3種類のキーパーソンによって作られる。 それはメイブン、コネクター、そしてセールスマン。 メイブンは情報を扱いやすい形に加工し、コネクターはその情報の伝達力に長け、セールスマンはその情報を広めるような説得力を持つ。

When people are overwhelmed with information and develop immunity to traditional forms of communication, they turn instead for advice and information to the people in their lives whom they respect, admire, and trust. The cure for immunity is finding Mavens, Connectors, and Salesmen.
(中略)
Mavens are data banks. They provide the message. Connectors are social glue: they spread it. But there is also a select group of people - Salesmen - with the skills to persuade us when we are unconvinced of what we are hearing, and they are as critical to the tipping of word-of-mouth epidemics as the other two groups.


● 環境の力について。 「割れ窓理論」のお話。 ニューヨーク市における割れた窓をそのまま放置する割合と、その犯罪発生率との相関関係。 ほんの些細なtipping pointがさらなる重要犯罪を誘引する。

The most intriguing candidate for that "something else" is called the Broken Windows theory. Broken Windows was the brainchild of the criminologist James Q. Wilson and George Kelling. Wilson and Kelling argued that crime is the inevitable result of disorder. If a window is broken and left unrepaired, people walking by will conclude that no one cares and no one is in charge. Soon, more windows will be broken, and the sense of anarchy will spread from the building to the street on which it faces, sending a signal that anything goes. In a city, relatively minor problems like graffiti, public disorder, and aggressive panhandling, they write, are all the equivalent of broken windows, invitations to more serious crimes.


この本で主張する三つのルールに従えば、逆にブーム・流行を巻き起こせるかと言えばそうとも言えないでしょうね。 これらは結果として相関関係として見られる現象ではあるものの因果関係とまでは言えないように思います。 若干、後付けのような感がなきにしもあらず。 大流行の背景には偶然が引き起こすSomething が必要なのではと感じました。

本作は著者のメジャーデビュー作だそうです。僕としては、構成や展開の点から見て「Blink」、「Outliers 」の方がよりオススメですね。

The Tipping Point: How Little Things Can Make a Big Difference

The Tipping Point: How Little Things Can Make a Big Difference

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村


洋書ランキングへ