hearthのお気楽洋書多読ブログ

洋書読みの洋書知らず。永遠の初心者。 まったりとkindleで多読記録を更新中 (Twitter: @hearth2016)

Breakfast at Tiffany's (Truman Capote) - 「ティファニーで朝食を」- 155冊目

ジャンル: 小説(モダンクラシック)
英語難易度: ★★☆
オススメ度: ★★★★☆

文章がとても簡潔です。 洗練された筆致は書き方教室のお手本のようです。 情景が画像のように浮かんできます。素晴らしい文体。 本作、村上春樹さんが邦訳をされているそうです。 そちらは読んでいないのですが、本当に彼の小説に出てきそうな登場人物や情景描写です。 特に「Tiffany's」の狂言回し的な主人公(作家)は、村上さんの小説の主人公のイメージに重なります。 村上さんがカポーティの影響を受けているのでしょうかね。 やれやれ。名無しの猫と彼女が重なって見えるなんて。 (1958年発刊)


メモ
「Breakfast at Tiffany's」

● 有名な一節

Printed, rather Cartier-formal, it read: Miss Holiday Golightly; and, underneath, in the corner, Traveling. It nagged me like a tune: Miss Holiday Golightly, Traveling.


● なぜ宝石店のティファニーで朝食なのか。 そこにはHollyの心を晴れやかにさせるSomething がある。

I don’t mean I’d mind being rich and famous. That’s very much on my schedule, and someday I’ll try to get around to it; but if it happens, I’d like to have my ego tagging along. I want to still be me when I wake up one fine morning and have breakfast at Tiffany’s. You need a glass,” she said, noticing my empty hands.


● ベルリッツ、こんな昔から有名だったんだ。

“If only I could get used to the idea of m-m-marrying a Brazilian. And being a B-b-brazilian myself. It’s such a canyon to cross. Six thousand miles, and not knowing the language—”
“Go to Berlitz.”
“Why on earth would they be teaching P-p-portuguese?


● ラストの「名無し猫」とHollyのイメージが重なるシーンが印象に残る。 ヘプバーンの映画は原作とはまったく雰囲気が異なると聞きました。 今度、映画も観たいと思います。


「House of Flowers」

● 娼館の話。 少しせつないが、不思議と爽やかな読後感。 そしてラストを読んで分かりました。
そうかそうか。 やっぱり彼のことが好きだったんだね。


「A Diamond Guitar 」

● 淡々とした話。 ショーシャンクを思い出す。


「A Christmas Memory 」

● 本書には「Tiffany」を含めた幾つかの短編がおさめられていますが、もうぼくは何と言ってもこの「Christmas Memory 」が一番好きですね。 おばあさんと少年(Buddy)の友情物語 (歳の離れたいとこ)。 読みやすくとても可愛らしい話です。 もうこのおばあさんの愛らしさと言ったら… 「Tiffany 」よりも印象に残っています。 この透き通った懐かしい感覚、なんども読み返すのに耐えうる名作だと思います。 カポーティがこんな話を書くなんて。


● 二人でお友達に配るクリスマス用のフルーツケーキを作ります。 映画のワンシーンのよう。

Queenie (おばあさんの飼い犬) begs to taste, and now and again my friend sneaks her a mite, though insisting we deprive ourselves. “We mustn’t, Buddy. If we start, we won’t stop. And there’s scarcely enough as there is. For thirty cakes.” The kitchen is growing dark. Dusk turns the window into a mirror: our reflections mingle with the rising moon as we work by the fireside in the firelight. At last, when the moon is quite high, we toss the final hull into the fire and, with joined sighs, watch it catch flame. The buggy is empty, the bowl is brimful.


● 「Buddy、大きくなっても友達でいてくれるかい?」
We huddle in the bed, and she squeezes my hand I-love-you. “Seems like your hand used to be so much smaller. I guess I hate to see you grow up. When you’re grown up, will we still be friends?” I say always. “But I feel so bad, Buddy. I wanted so bad to give you a bike. I tried to sell my cameo Papa gave me. Buddy—” she hesitates, as though embarrassed—“ I made you another kite.” Then I confess that I made her one, too; and we laugh.

この話を読んだあと、どういうわけか S&Gの「四月になれば彼女は」を思い出しました。

Breakfast at Tiffany's (Vintage International)

Breakfast at Tiffany's (Vintage International)

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村


洋書ランキングへ