hearthのお気楽洋書ブログ

洋書読みの洋書知らず。永遠の初心者。 まったりとkindleで多読記録を更新中 (Twitter: @hearth2016)

Focal Point (Brian Tracy) - 「大切なことだけやりなさい」- 190冊目

ジャンル: 経済・ビジネス
英語難易度: ★☆☆
オススメ度: ★★★★☆

類書は多くありますが、ビジネス本の中でぼくが最も影響を受けた本の一つです。
(邦題がダサいところが惜しい… )

Greg Mckeown 「Essentialism (エッセンシャル思考)」(21冊目に感想) と似た内容でしたが、この「Focal Point 」のインパクトの方が大きかったと感じました。「生産性」を主題にした本をいろいろと読んでみましたが、一冊選ぶとするならば、間違いなく本作でしょう。 原題はズバリ「焦点」。
(2001年発刊)


メモポイント

● ある原子力発電所で起きたトラブル。 現場の人たちが寄ってたかって調べたものの一向に原因が分からない。困り果ててこの分野のトップレベルの専門家を呼んだ。 彼はプラント内をいろいろと歩き回ったあげく、あるバルブにマーカーで「×」と印をつけ、ここを調べるように、と言って帰って行った。 果たして原因はまさにそこにあり、部品を交換するとトラブルは即座に解決した。 後日、その専門家から目が飛び出るような一万ドルの高額請求書が届く。 感謝はしていたもののバルブにマークをつけるだけでこの額はあり得ない。 「よし、請求書の内訳を取り寄せよう」と工場長。 このリクエストに応じて彼から来た明細とは…

Some days later, the plant manager received a new invoice from the consultant. It said, "For placing `X' on gauge: $1.00. For knowing which gauge to place `X' on: $9,999."

この「xマーク」のエピソードはとても気に入っていて今でも折にふれよく思い出します。 著者はこのXマークこそFocal point(焦点)と述べています。真のプロフェッショナルの仕事とはこうあるべきだと思います。 これは単なる労働時間で成果を図るべきではなく、knowledge ベースでの頭脳労働のあるべき姿を端的に表しています。


● 知は力なり。 拘束時間で生産性は測れない。
In less than two generations, we have moved from the Industrial Age through the Service Age and into the Information Age. In the Information Age, knowledge has become the primary resource and the most valuable factor of production. We have moved from the Age of Manpower to the Age of Mind-power. In this new age, you are no longer rewarded for the hours you put in but for what you put into those hours.


● ビジネス本的ライフハック。 やる事リストのパワー。
Make a list of every single step of the task, or of your day, before you begin. Always work from a list. Think on paper. Working from a list keeps you on track and gives you a visual record of accomplishment. The very act of writing out a list and referring to it constantly should increase your productivity by at least 25 percent from the time you start doing it.


● あなたの名刺のタイトルが例え何と書いてあろうともそれは仮の姿。 あなたの本当の役職は「問題解決専門家」であると肝に命じること。
Your ability to solve problems largely determines your success and your income. This ability determines how far you go and how high you rise in life. No matter what the title on your business card, you can cross it off and write "Problem Solver." That's what you are. That's what you do, all day long. The only question is, "How good are you at problem solving?" Highly successful people solve big problems.
(中略)

トラブルが発生したならば、怒ってみたり人の責任を問い質したり言い訳を考えるのではなく、ひたすら解決策を見つけようとするトラブルシューターとなるべきだ。 その普段の姿勢があなたをプロフェッショナルとして更なる高みに押し上げるのである。
The key to becoming an excellent problem solver is to think and talk about possible solutions most of the time. Whenever something goes wrong, resist the temptation to become angry, blame others, or make excuses. Instead, ask questions like, "What's the solution? What do we do now? What is the next step? How do we solve this problem? How do we limit the damage? How can we prevent this from happening ing again? Where do we go from here?" The good news is that the more you focus on solutions, the better you become at discovering even better and more complex plex solutions. You become more effective and creative in everything you do by focusing on solutions most of the time. Your mind functions at a higher level.

● 本を読むことは最も効率の良い「投資」活動。
The three keys to growth orientation are simple. First, read one hour or more each day in your chosen field. The highest-paid people in America read two to three hours each day to keep current and improve their minds. But if you read only one hour per day from a good book that helps you to be better at your job, that would be enough.


● 質問や頼まれごとに即座に応えるだけで、ゆっくりと対応する人よりもあなたの株はグッと上がる。 スピード対応はそれだけでリャンハンぐらいの役がある、そんな感じです。 これはホントに日々、実感しています。
If you act fast when they have a need or a question, they automatically assume that your work is better and of higher value than that of someone who moves slowly. By moving fast, you gain a competitive edge.



で、今までぼくが読んだビジネス本の中でオールタイムのオススメ3冊は以下の通りです。

● Dale Carnegie 「How to Win Friends and Influence People (人を動かす)」(34冊目)
人の心を理解するために。 この邦題の「上から目線」の感じはあまり好きじゃないんですが、内容は的を得ているとおもいます。これは本当に目ウロコ本! 人間関係で悩んでいる方には凡百の類似本を読むよりもこれ一冊で十分。


● Ken Segall 「Insanely Simple (シンク シンプル)」(52冊目)
「病的なほどシンプルであれ」とのスティーブ・ジョブズのビジネスセンス。シンプル=パワフルを体現しているスゴイ本。これはもうアートでしょう。


● そして本作「Focal Point」
自分の限られた時間や体力等の資源を何に傾けるか。生産性を高めるとは 最も大事なポイントを押さえる事。最小投資による最大便益。


ご興味ある方はぜひ手にしてみて下さい。 後悔させませんよ!!

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村


洋書ランキングへ