hearthのお気楽洋書ブログ

洋書読みの洋書知らず。永遠の初心者。 まったりとkindleで多読記録を更新中 (ツイッターは、hearth@洋書&映画)

The Right Sort of Man (Allison Montclair) - 「ロンドン謎解き結婚相談所」- 263冊目

ジャンル: 小説(ミステリー)
英語難易度: ★★☆
オススメ度: ★★★☆☆

 軽いタッチの女性バディものコージー・ミステリー。 とても楽しんで読めました。 仕事で疲れた時の気晴らしにピッタリ。 
粗筋を少々。 第二次世界大戦後まもないロンドンで、二人の女性、アイリス・スパークスとグエン・ベインブリッジが結婚相談所を開きます。 アイリスはケンブリッジ卒で数カ国語を操る才媛でチャキチャキでいなせな元MI6の諜報部員、グエンはホームズ顔負けの観察眼を持つ善良でおっとりとしたイギリス上流貴族の若き未亡人。 その二人の相談所に顧客として訪れた若き女性ティリーが殺人事件に巻き込まれます。 彼女とお見合いデートの約束をしていた別のクライアントの男性が犯人の嫌疑をかけられるのですが、誠実そうな彼が殺人者であるとはとても思えない二人。 そこでこの男性の無実を晴らすべく、彼女たちは身の危険に晒されながらも奮闘するというストーリー。 このプロットを少し読んだだけでも、面白そう、手応えあり、と感じました。
 テンポの良い会話が特に良し。 辞書にも載っていない当時のロンドンの口語表現には少し読み辛くもありましたが、彼女たちがケンカをしながらもお互い信頼し合い、事件解決に乗り出す名コンビぶりが微笑ましく、またそれぞれの持つ陰のある過去や純愛要素も散りばまれて、このストーリーに更に深みを与えています。
 著者はこれがデビュー作だという事ですが、そのグイグイ引き込んでいくストーリーテラーとしての力量は大したもんです。
(2019年発刊)


メモポイント
⚫︎ グエンはホームズみたい。
“You’ve been wearing Vol de Nuit recently,” said Gwen. “Not every day. But you sneak off to the lav on certain days, often coinciding with some tiny additions of frill to your standard wardrobe. Given that Guerlain’s generally not available here, I surmise that your fellow is a traveler to the Continent. Since he was there for a lengthy stay, he is probably someone either diplomatic or military.” “Heavens,” exclaimed Iris in chagrin. “You’ve figured all that out from my perfume?”
“I love Vol de Nuit,” sighed Gwen. “Ask him to pick me up a bottle next time. He’s married, isn’t he?”
Iris didn’t answer.
“He is,” said Gwen sadly. “If he wasn’t, you’d be dropping hints about him right and left, even if you were lovers without benefit of clergy. Another area of your life that you keep secret. It’s a wonder that you don’t burst.”


⚫︎ 敵のアジトに乗り込むアイリスとグエン。 このシーン、カッコいい。 峰不二子かと思ったよ。
They stopped to look at the display windows at Tolbert’s.
“Closed,” commented Gwen.
“Which is why we commit burglaries on Sundays,” said Iris.
She reached into her bag and pulled out a small, black leather case. She walked over to the door to the print shop, held up the padlock, and examined it critically.
“A Prentice,” she said. “Give me a minute.” She unzipped the case and pulled out a pair of small, thin metal blades.
“What the hell are you doing?” asked Pilcher from behind them.
“You were supposed to stay over there,” said Gwen sternly.
“But she’s trying to pick the lock! How does she even know how to do that?”
“She can’t tell you,” said Gwen. “Gosh, that’s satisfying to say.”
There was a metallic clack from behind her. She turned to see Iris removing the padlock and opening the door.
“Nicely done,” said Gwen.
“Prentices are easy,” said Iris. “Shall we?” They slipped inside. Pilcher stood there for a moment. Then Iris poked her head out.
“Are you coming or not?” she asked.


 ラストには教科書チックな「読後にみんなで考えましょう(Discussion Questions)」的な設問が付いています。 ユーモアがあって面白い。
  第二次世界大戦後のロンドン界隈の雰囲気をもっと味わいたいなら、Connie Willis “Black Out/All Clear” (238, 239冊目に感想あり)はいかがでしょう。
 ちなみに、映画の女性バディものなら、雰囲気は違うけど「テルマ&ルイーズ」がオススメです。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村


洋書ランキングへ

The World Is Flat (Thomas L. Friedman) - 「フラット化する世界」- 262冊目

ジャンル: 経済・ビジネス
英語難易度: ★★☆
オススメ度: ★★★☆☆

 数年前、ERPシステムの導入プロジェクトに携わったことがありました。 ERPとはEnterprise Resource Planning の略で、平たく言えば、会計や物流、生産など会社に関わるメインの業務情報を一元管理していこうという概念で、ERPシステムとはその目的を達成するためのソフトウェアのことなんですね。 世界的に有名なパッケージソフトとしてはOracleだったり、OBIC、SAPなんかがあります。 このシステム導入プロジェクトはもう思い出すのも辛くなる「死の行軍」、連日の12時超え深夜残業の嵐でした。 この時間的拘束が辛かったのは勿論ですが、もう一つの大きな頭痛のタネがありました。 言葉の壁です。 このシステム導入には会計系ファームのコンサルタントの方々と一緒に進めるのですが、欧米系の人は皆無で、ほとんどがアジア人、中でも全体の8割ぐらいがインドかインドネシアの人なのです。こちらが専門用語に疎いのに加えて、喋っている英語がさっぱり聞き取れない。どこの国の言葉だろう、と聞き流していると実は英語を話していた、という具合。 自分なりに少しは今まで英語を勉強してきたという「自負」があったのですが、そんなもん、一瞬にして消し飛んでしまいましたね。 急に質問を振られる電話会議が恐怖でした。完敗です。○| ̄|_
  それにしても、IT、システム界隈のシェアはインド勢がものすごい勢いで席巻しているのだと肌身で実感しました。 んで、前置きが長くなりましたが、今回の本の話です。ITやインターネットが普及しその恩恵をあまねく受けられる現代では、世界の経済は均質化し、従来に見られたような国家間の格差がどんどん縮まっていく、つまり「フラット化」していくという情勢を多くの実例を示しながら表した本です。 2005年に書かれたもので17年も前の本ですので、この本に描かれているインドや中国の情勢は、今はもっと進化を遂げているのでしょうね。
(2005年発刊)


メモポイント
⚫︎ 時代は変わる、それは避けられない。適応するために自らも変わるしかない。それが自然の摂理。 仕事のニーズは最も効果的、効率的に行われるところへシフトするもの。

 Jobs went; jobs were created. Skills went out of use; new skills were required. The region changed; people changed. New London, of course, was not unique. How many mill towns saw their mills close; how many shoe towns saw the shoe industry move elsewhere; how many towns that were once textile powerhouses now buy all their linens from China? Change is hard. Change is hardest on those caught by surprise. Change is hardest on those who have difficulty changing too. But change is natural; change is not new; change is important. The current debate about offshoring is dangerously hot. But the debate about work going to India, China and Mexico is actually no different from the debate once held about submarine work leaving New London or shoe work leaving Massachusetts or textile work leaving North Carolina. Work gets done where it can be done most effectively and efficiently.


⚫︎ もう既にそうなっている。

  “The rule of the market economy,” this Communist official explained to me, “is that if somewhere has the richest human resources and the cheapest labor, of course the enterprises and the businesses will naturally go there.” In manufacturing, he pointed out, “Chinese people first were the employees and working for the big foreign manufacturers, and after several years, after we have learned all the processes and steps, we can start our own firms. Software will go down the same road…First we will have our young people employed by the foreigners, and then we will start our own companies. It is like building a building. Today, the U.S., you are the designers, the architects, and the developing countries are the bricklayers for the buildings. But one day I hope we will be the architects.”

 うーん、この状況は切実。甘やかされた日本の国力が落ち続けているのも当然だ。日本がまだ一等国の盟主であるという幻想は遥か昔のもので、現実を知らないとは恐ろしい。 中国の大連にある日本向けコールセンターが隆盛を極めているという話だが、今となっては隔世の感がある。コールセンターどころではない。中国が日本ビジネスの下請けする時期はとっくの昔に過ぎてしまい、今で日本が中国の下請けとなっている。しかもたった十数年の間の話だ。


⚫︎ なぜ、インドはIT大国に成れたのか。Y2K問題に安価で対処するエンジニアがアメリカ国内にはいなかった。そこにインドが登場。コストが安くて英語が使えるITエンジニアが揃っている。しかも時差があるので、アメリカからの依頼は夜寝ているうちに対処し、翌朝には出来上がっている。
 これにより、インドは今までの発展途上国のイメージを払拭し(少なくともIT関連業務においては) 、信頼できるビジネスパートナーとなり得る候補者として世界にデビューした。 そしてその地位確立の決定打となったのは、アメリカ国内のITバブル崩壊だ。高コストの米国人エンジニアを雇用する余裕の無い多くのドットコム企業は、インド人エンジニアの調達に一気にシフトした。これはインドにとってラッキーな偶然とも言えるが、このチャンスを掴むことができたのは勿論、インドがIT分野を始めとして人材育成の初期投資をずっと以前より行っていたからである。

  For all these reasons I believe that Y2K should be a national holiday in India, a second Indian Independence Day, in addition to August 15. As Johns Hopkins foreign policy expert Michael Mandelbaum, who spent part of his youth in India, put it, “Y2K should be called Indian Interdependence Day,” because it was India’s ability to collaborate with Western companies, thanks to the interdependence created by fiber-optic networks, that really vaulted it forward and gave more Indians than ever some real freedom of choice in how, for whom, and where they worked.
 To put it another way, August 15 commemorates freedom at midnight. Y2K made possible employment at midnight—but not any employment, employment for India’s best knowledge workers. August 15 gave independence to India. But Y2K gave independence to Indians—not all, by any stretch of the imagination, but a lot more than fifty years ago, and many of them from the most productive segment of the population. In that sense, yes, India was lucky, but it also reaped what it had sowed through hard work and education and the wisdom of its elders who built all those IITs.
  Louis Pasteur said it a long time ago: “Fortune favors the prepared mind.”


⚫︎ 残念ながら中国に対するこの期待は当たらなかった。 確かに中国は経済大国となった。しかし自由主義は根付かず、主権は依然として人民にはなく一党独裁が強化されてしまった。

 It seems to be heading in that direction, but it still has a long way to go. I like the way a U.S. diplomat in China put it to me in the spring of 2004: “China right now is doing titillation, not privatization. Reform here is translucent—and sometimes it is quite titillating, because you can see the shapes moving behind the screen—but it is not transparent. [The government still just gives] the information [about the economy] to a few companies and designated interest groups.” Why only translucent? I asked. He answered, “Because if you are fully transparent, what do you do with the feedback? They don’t know how to deal with that question. They cannot deal [yet] with the results of transparency.”
   If and when China gets over that political bump in the road, I think it could become not only a bigger platform for offshoring but another free-market version of the United States. While that may seem threatening to some, I think it would be an incredibly positive development for the world. Think about how many new products, ideas, jobs, and consumers arose from Western Europe’s and Japan’s efforts to become free-market democracies after World War II.


⚫︎ 過去に身につけた技術は、いずれは陳腐化し求められなくなる。常に学び続ける姿勢が大事。
  
  Looking down at each rung of the ladder that got her here, Loughry said, they’re all gone: “Every job I have done has to some degree been automated or is being done [at least in part] by someone in India…Maybe what set me apart was sheer dogged determination. I love to learn and there is so much available here to learn with.”


⚫︎  富の欠乏(貧困)により暴力を起こすのでは無い。 尊厳の欠乏により暴力を起こすのだ。 今のロシアの暴挙をみると本当にそう思う。

  This humiliation is the key. It has always been my view that terrorism is not spawned by the poverty of money. It is spawned by the poverty of dignity. Humiliation is the most underestimated force in international relations and in human relations. It is when people or nations are humiliated that they really lash out and engage in extreme violence.


  WFH(Work from Home)がかなり浸透した今、この本を読むと面白いですね。もう10年以上も前から在宅ワークが定着していたことが分かります。 コロナ禍の今だからこそ読む価値がある本だと思います。フラット化がさらに進んだ世界においては、銀行など大きな施設を抱えた金融機関等、実物を動かしていないビジネス業界はますます固定費の圧縮を求められるようになるのは必然です。 自らを変えられないということは、緩やかな死を意味するのでしょう。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村


洋書ランキングへ

The Lord of the Rings- The Return of the King (J. R. R. Tolkien)「指輪物語 - 王の帰還」- 261冊目

ジャンル: 小説(ファンタジー)
英語難易度: ★★☆
オススメ度: ★★☆☆☆

 やっと全巻読了! 長かったー。
 名作との誉れ高い本作ですが、詳細に書き込まれている割にはストーリー展開が散漫な感じがして自分には少しテイストが合わなかったようです。 前作の「ホビット」を読んだ時も感じましたが、小説のクライマックスから後の話を少し引き伸ばし過ぎで冗長な気がしました。 細々と描写しなくても読者は想像の域を膨らませて後日のストーリーを楽しむことができるのになと… ヒッチコックの映画のようにピークから一気に終わらせる方がいいのにな、と感じました。
(1956年発刊)


メモポイント

⚫︎ ガンダルフが思いのほか、武闘派だった件。 ダンブルドアみたいに老成した爺ちゃん魔法使いのイメージ(ルックスも)だったけど、先頭に立って馬に乗り悪の勢力と闘っている。 


⚫︎ ストライダー(アラゴルン)がついに帰還した王として、そのリーダーとしての決意、風格、慈愛を持つ人物として見違えるような人物となって帰ってきた。
 率先して一番の苦労を引き受ける。それがリーダーというもの。

  Merry got up and yawned. His few hours’ sleep had not been nearly enough; he was tired and rather dismal. He missed Pippin, and felt that he was only a burden, while everybody was making plans for speed in a business that he did not fully understand. ‘Where is Aragorn?’ he asked. ‘
  In a high chamber of the Burg,’ said Legolas. ‘He has neither rested nor slept, I think. He went thither some hours ago, saying that he must take thought, and only his kinsman, Halbarad, went with him; but some dark doubt or care sits on him.’


⚫︎ 指輪は権力の象徴か。あの純朴なサムでさえ、権力の魔性に惑わされそうになる。

 Already the Ring tempted him, gnawing at his will and reason. Wild fantasies arose in his mind; and he saw Samwise the Strong, Hero of the Age, striding with a flaming sword across the darkened land, and armies flocking to his call as he marched to the overthrow of Barad-dûr.


⚫︎ ついに指輪に心を奪われたフロド

  ‘I have come,’ he said. ‘But I do not choose now to do what I came to do. I will not do this deed. The Ring is mine!’ And suddenly, as he set it on his finger, he vanished from Sam’s sight. Sam gasped, but he had no chance to cry out, for at that moment many things happened.

 はたしてフロドはサムにとって支え甲斐のある主人なのか? サムとの絡みを読んでいると疑問が湧いてくる。 なぜこんなに献身的に主人を支える事ができるのか分からない。指輪の魔力に魅せられたフロドはゾンビに噛まれた人間のよう。辛うじて理性を保とうとするが、ふとした弾みでゾンビになりつつある。 フロドがいかに純真な心根の持ち主だったとしても、圧倒的な指輪の魔力に魅せられたら敵わない。


⚫︎ そして… 指輪の最後

  Suddenly Sam saw Gollum’s long hands draw upwards to his mouth; his white fangs gleamed, and then snapped as they bit. Frodo gave a cry, and there he was, fallen upon his knees at the chasm’s edge. But Gollum, dancing like a mad thing, held aloft the ring, a finger still thrust within its circle. It shone now as if verily it was wrought of living fire.
  ‘Precious, precious, precious!’ Gollum cried. ‘My Precious! O my Precious!’ And with that, even as his eyes were lifted up to gloat on his prize, he stepped too far, toppled, wavered for a moment on the brink, and then with a shriek he fell. Out of the depths came his last wail Precious, and he was gone.


⚫︎ ホビット庄に帰った彼ら。 村人と力を合わせてサルマン率いる悪党どもを追い出す姿は、まるで「七人の侍」だ。


 巻末の追補版も含めて、この綿密な世界観を全て独りで作り上げた著者はまさに天才。しかし作品が面白いかどうかは別物。 細かい登場人物の書き込みはスゴイが、ちょっと着いていけませんでした。 そして最後まで読んで分かったのが本当の主人公はフロドじゃなくてサムだったってこと。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村


洋書ランキングへ

World History for High School (山川出版社) - 「英文詳説世界史 」- 260冊目

ジャンル: 実用書
英語難易度: ★☆☆
オススメ度: ★★★☆☆
ページ: 754p

 小説を読む、映画を観る。「あーっ、この時代の歴史背景を分かっていたら、もっと楽しめるのになー」と思うことがよくあります。 カエサル大活躍の「ローマ人の物語 (塩野七生)」(19冊目に感想)や、イギリス王リチャード3世はホントに稀代の悪党だったのか問題の「時の娘 (ジョセフィン・テイ)」(105冊目)を読んだときなんぞは、これをヒシヒシと感じました。 もちろん取り敢えずのストーリーは追いかけられるのですが、主人公を取り巻く空気感が今ひとつ掴めない。 せっかくの名著がもったいない。で、おススメなのがこの世界史の教科書。 コンパクトにまとまっていて、固有名詞の英文表記も覚えられて一石二鳥。 日めくりカレンダーのように少しずつ読んで、結構、楽しめました。すぐれモノですよ。

 高校生の頃は世界史を選択していましたが、授業を漫然と受けており、今ひとつ記憶に残っていませんでした。 いま現在進行形の地政情勢と絡めてこの本を読むととてもリアルに頭に入ってきます。ロシアのウクライナ侵攻のニュースが連日報道されているいま、とてもざっくりとした絵姿ですがこの両国の国境境界線が常に変化してきたのを改めて認識しました。 歴史の教科書が教えてくれたのは、国家の歴史を語ることはほぼ戦争の歴史と等しいということでした。

 国家間の戦争をはじめ、人間の属するグループ間の争いとは本能に根差したものなのでしょうか。何千年もの間、この愚考は繰り返され、学習していません。それぞれの主張する正義とはいったい何なのか。人類は学び自らの意思で次のステージには向かえないのか。 クラークの「幼年期の終わり」(139冊目)の様に強大な裁定者を待つしかないのでしょうか。 

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村


洋書ランキングへ

The Lord of the Rings- The Two Towers (J. R. R. Tolkien)「指輪物語 - 二つの塔」- 259冊目

ジャンル: 小説(ファンタジー)
英語難易度: ★★☆
オススメ度: ★★☆☆☆

 シリーズ二冊目、やっと読了… 一冊目と比べて、主人公フロドの「人としての器」(いや、ホビットとしての器か)が際立ったお話でした。友と一緒に乗り越える困難な旅の過程で、どんどん成長していくビルドゥングス・ロマンという感じ。
 前巻同様、登場人物がやたらと多いので、例によって登場人物リストを作りながら読んでいたのですが、そのあまりにも多いキャラクター数のために、辞書みたいになってしまいました。 それにしても、モブキャラや土地の名前に対していちいち、ややこしい名前をつけ過ぎ。 んで、そのシーンの時々で名前を別名に変え過ぎ。
「Mithrandirって誰? えっ、Gandalfのこと?」「Imladrisってどこ? えっ、Rivendellかいな」   
 そんなん、知らんがな。 詳細に作り込まれたこの世界観がファンには堪らなく素晴らしいのでしょうけど、毎回、違った名称に付き合わされる読者の身としては、かなり大変でしたー。
(1954年発刊)


メモポイント
⚫︎ 主人公フロドは、従僕であり友でもあるサムと一緒に、災いの根源となる指輪を葬り去るべく苦難の多い旅に出た。その途中、指輪を奪おうと近づいてくる狡猾な怪物ゴラムと出会う。 「この怪物は信用できない」とサムは警戒するが、フロドは無邪気なぐらいの真っ直ぐな思いでゴラムを受け入れようとする。

  ‘Look here!’ Sam whispered to Frodo, not too softly: he did not really care whether Gollum heard him or not. ‘We’ve got to get some sleep; but not both together with that hungry villain nigh, promise or no promise. Sméagol or Gollum, he won’t change his habits in a hurry, I’ll warrant. You go to sleep, Mr. Frodo, and I’ll call you when I can’t keep my eyelids propped up. Turn and about, same as before, while he’s loose.’
   ‘Perhaps you’re right, Sam,’ said Frodo speaking openly. ‘There is a change in him, but just what kind of a change and how deep, I’m not sure yet. Seriously though, I don’t think there is any need for fear – at present. Still watch if you wish. Give me about two hours, not more, and then call me.’

 このゴラムというキャラ、映画ではハリー・ポッターに出てくるドビーのようなイメージ。 元々はフロドやサムと同じホビット族の一人(昔はスメアゴルと呼ばれていた)だったが、例の指輪の魔力に惹きつけられて、身も心も奪われてしまい、遂には怪物のようになってしまった。


⚫︎ これもゴラムに声をかけるフロドのセリフ。それも怪物になってからの通称であるゴラムではなく、昔の名前のスメアゴルと呼んでいる。

 ‘Sméagol,’ he said, ‘I will trust you once more. Indeed it seems that I must do so, and that it is my fate to receive help from you, where I least looked for it, and your fate to help me whom you long pursued with evil purpose. So far you have deserved well of me and have kept your promise truly.


⚫︎ これがこの第二巻のハイライト。 死んでしまった(?)主人公フロドの悲願を成し遂げるために、ほぼ無謀ともいえる指輪を葬る旅を続けようと決意する従僕のサム。愛する主人の亡骸に別れを告げ、指輪と形見の剣を手にして旅立とうとする。このシーンはまさに名場面。
 「さよなら、ご主人様。 あなたを置いて一人で旅に出るサムを許してください。あなたの悲願を成し遂げたら、成し遂げることができたのならば、サムは必ずここに戻ってきますから。そしてもう二度とあなたを独りにしません。 それまではどうか静かにして、このサムを待っててください。
どうかあなたに森の獣が近づいて悪さをしませんように。レイディ、わたしの声が聞こえるなら、どうかわたしがご主人様の前に戻って来れるように願いを叶えてください…」

 He stooped. Very gently he undid the clasp at the neck and slipped his hand inside Frodo’s tunic; then with his other hand raising the head, he kissed the cold forehead, and softly drew the chain over it. And then the head lay quietly back again in rest. No change came over the still face, and by that more than by all other tokens Sam was convinced at last that Frodo had died and laid aside the Quest.
 ‘Good-bye, master, my dear!’ he murmured. ‘Forgive your Sam. He’ll come back to this spot when the job’s done – if he manages it. And then he’ll not leave you again. Rest you quiet till I come; and may no foul creature come anigh you! And if the Lady could hear me and give me one wish, I would wish to come back and find you again. Good-bye!’

さあ、怒涛の三巻目に突入だー!!!

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村


洋書ランキングへ

Computing - A Concise History (Paul E. Ceruzzi) - 「コンピュータって - 機械式計算機からスマホまで」- 258冊目

ジャンル: IT
英語難易度: ★☆☆
オススメ度: ★★★☆☆

 今のコンピュータの元となる原型がこの世に現れてからまだ100年も経ってませんが、メインフレームやPC、スマホ、IoTなど、その関連世界の進化の度合いは目まぐるしく、その範囲も多岐に渡っています。 ベースとなる知識をキチンと系統立てて理解したいと常々思っていた折に手にしたものです。 コンパクトにまとまっていますが、いわゆる教科書的な本ですので面白味には欠けますね。 他のIT関連の本を読む前の事前準備の読み物としては、まあ良かったかなと感じました。
刊行年が少し古く、ドローン制御やメタなどのワードはもちろん出てきません。この辺りは常にアップデートが必要ですね。
(2012年発刊)


メモポイント
⚫︎ コンピュータって、ザックリと呼んでいるけど、ある一つの装置が進化した等という単純な話ではなく、様々に分かれていた技術がそれぞれに進化し収斂して出来上がったもの。

computing represents a convergence of many different streams of techniques, devices, and machines, each coming from its own separate historical avenue of development.


⚫︎ IBMの始まりは… 人工知能ワトソンのネーミングの由来。ホームズとは関係ない!

 Hollerith founded the Tabulating Machine Company to market his inventions; it was later combined with other companies to form the Computing-Tabulating-Recording Company (C-T-R), and in 1924, the new head of C-T-R, Thomas Watson, changed the name to the International Business Machines Corporation, today’s IBM.


⚫︎ ジャカード織で有名なジャカードも織り物のパターンをカードで制御していた。これにヒントを得たのであろう、ホレリスもパンチカードを彼の計算マシンに利用した。制御用ではなくデータの保存、記録用として。 
 この穴あきカード、ピコピコ光るコンピュータのリールから打ち出される穴あきテープのイメージがあります。昔のチープなSF映画に出てくるコンピュータってみんなこんなのですよね。「ウルトラマン」のフジ隊員がこれを読んで「キャップ、怪獣が鎌倉湾沖に!」なんて。昔のコンピュータは本当にユーザー・アンフレンドリーでした。

 Jacquard used cards for control, whereas Hollerith used them for storage of data.


⚫︎ コンピュータが台頭する前は人間自身が計算装置だった。そして、コンピュータの語源は計算を担当する人間の呼称だったのだ。(主に女性)

 Bush’s differential analyzer was copied and heavily used to compute firing tables used in the field. Human computers, mostly women, also produced these tables.


⚫︎ 記念すべきURLとhttp 、HTMLの誕生

 Doug Engelbart had developed a system that used such texts, the selection of which used his invention, the mouse. Hypertext had also been promoted by Ted Nelson, a neighbor of Stewart Brand in northern California and author of the self-published manifesto Computer Lib. As he saw the growing amounts of data on the Internet, Berners-Lee explored a way of porting those concepts to the online world. His invention had three basic components. The first was a uniform resource locator (URL), which took a computer to any location on the Internet—across the globe, down the hall, or even on one’s own hard drive—with equal facility—a “flataccess device. The second was a protocol, called hypertext transfer protocol (http), which rode on top of the Internet protocols and facilitated the exchange of files from a variety of sources, regardless of the machines they were residing on. The third was a simple hypertext markup language (HTML), a subset of a formatting language already in use on IBM mainframes. That HTML was simple to learn made it easy for novices to build Web pages. With administrative and technical support from Robert Cailliau, the system was working on machines at CERN on Christmas Day 1990, and the following year it began to spread around the globe.


⚫︎ そしてインターネット見るのに欠かせないブラウザーの始まり。 モザイクやらネットスケープやら、懐かしい。

 Berners-Lee also wrote a program, called a browser, that users installed on their computer to decode and properly display the information transmitted over the Web (the term may have come from Apple’s Hypercard). In 1992, as the Web began spreading across university and government laboratories in the United States, a group at an NSF-sponsored supercomputer center in Illinois took the browser concept further, adding rich graphics capabilities and integrating it seamlessly with the mouse and with icons. That browser was called Mosaic; its creators later moved to Silicon Valley and founded a company, Netscape, to market a similar commercial version of it. Microsoft later would license another descendant of Mosaic for its own browser, Internet Explorer. One significant feature of Netscape’s browser that was not present in others was a way to transmit information, especially credit card numbers, securely by encrypting the data stream. The method, called Secure Socket Layer, opened up the Internet to commercial transactions.


 この系統の話が好きな方にオススメなのは、IBM人工知能ワトソンの話の「Final Jeopardy 」(28冊目)、それからAmazon Kindle話の「Burning the Page」(25冊目), PC勃興期の時代の空気も読みたい方は「iCon - Steve Jobs」(111冊目)などなど

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村


洋書ランキングへ

The Lord of the Rings- the Fellowship of the Ring (J. R. R. Tolkien)「指輪物語 - 旅の仲間」- 257冊目

ジャンル: 小説 (ファンタジー)
英語難易度: ★★★
オススメ度: ★★☆☆☆

 いやー、危なかった。 最初の章は読んでても辛くてワケがわかりませんでした。 前もって前日譚(「ホビットの冒険」- 191冊目)を読んでいたから良かったものの、何の前知識もない状態だと、みんな読むのをやめちゃうと思いますよ。 ただ、本編のFellowship of the Ring の章が始まるとかなり読み易くなります。

 あらすじを少し。悪の権化サウロンが作り出した魔法の指輪。 強烈なパワーを秘めているこの指輪を手にしたものは世界を意のままにできる。また、よほど自身を律することができる心根の正しい者でなければ、その指輪を持っているだけで、いつしか人を支配したいという邪悪な心に蝕まれてしまう。そのため悪意ある者に指輪を渡すわけにはいかない。 主人公ホビットのフロドはおじさんホビットのビルボが偶然手に入れたのこの指輪を預かりそれを破壊する(ある火山の火口に投げ込むしか方法がないそう)ために仲間たちと冒険の旅に出るというストーリー。

  それにしても登場人物が多過ぎ。 ネットで映画「ロードオブリング」の登場人物関係図をスクショしてペラペラと見比べながら読んでました。(初読の方には最初からこの方法を強くオススメします) 新しく出てきたキャラクターには、ちょっとした記憶のとっかかりを作り、そこにハーケンを刺しそろそろと岩壁をよじ登るロッククライミングの様に少しずつ記憶の肉付けしていく感じでした。 が…、なかなか面白くなってきません。名作と聞いていましたが自分には合ってないのかな。 難しい単語を使った情景描写が延々と続いたり、登場人物たちがいきなりよく分からない詩を「吟じます!」だったり… 天津木村かよ。
(1954年発刊)


メモポイント (ネタバレあり)
⚫︎  英国ファンタジーあるある。叔父さん夫妻が強欲で意地悪がち。姿を透明にする不思議なガジェットがありがち。正義(フロド達やホグワーツの仲間)と悪の化身(サウロンやボルデモート)とが闘いがち。 
 そして大事なのは共に悪と闘う大切な仲間たちの存在。

 ‘But I must go,’ said Frodo. ‘It cannot be helped, dear friends. It is wretched for us all, but it is no use your trying to keep me. Since you have guessed so much, please help me and do not hinder me!’
 ‘You do not understand!’ said Pippin. ‘You must go – and therefore we must, too. Merry and I are coming with you. Sam is an excellent fellow, and would jump down a dragon’s throat to save you, if he did not trip over his own feet; but you will need more than one companion in your dangerous adventure.’


⚫︎ PTA役員を決める父兄会のように誰も顔を上げない沈黙の中、居た堪れなくなったフロドは「指輪を葬るための旅に出る」とついに名乗りを上げる。

 No one answered. The noon-bell rang. Still no one spoke. Frodo glanced at all the faces, but they were not turned to him. All the Council sat with downcast eyes, as if in deep thought. A great dread fell on him, as if he was awaiting the pronouncement of some doom that he had long foreseen and vainly hoped might after all never be spoken. An overwhelming longing to rest and remain at peace by Bilbo’s side in Rivendell filled all his heart. At last with an effort he spoke, and wondered to hear his own words, as if some other will was using his small voice.
 ‘I will take the Ring,’ he said, ‘though I do not know the way.’


⚫︎ 指輪に関わる人々は、たとえ仲間だったとしても、その悪の魅力に負けてしまい欲望の赴くままになってしまう。 これは現代の核兵器への暗喩か。
 心を操られて豹変した仲間の姿を見て、フロドはこの指輪を葬り去る旅を一人でやり遂げようと決心した。

 Frodo rose to his feet. A great weariness was on him, but his will was firm and his heart lighter. He spoke aloud to himself. ‘I will do now what I must,’ he said. ‘This at least is plain: the evil of the Ring is already at work even in the Company, and the Ring must leave them before it does more harm. I will go alone. Some I cannot trust, and those I can trust are too dear to me: poor old Sam, and Merry and Pippin. Strider, too: his heart yearns for Minas Tirith, and he will be needed there, now Boromir has fallen into evil. I will go alone. At once.’


⚫︎ 仲間を危険に晒さないように、皆に黙って一人で旅に出ようとするフロド。 しかし親友はそんなフロドを見逃さなかった。

 ‘Oh, Mr. Frodo, that’s hard!’ said Sam shivering. ‘That’s hard, trying to go without me and all. If I hadn’t a guessed right, where would you be now?’
  ‘Safely on my way.’
   ‘Safely!’ said Sam. ‘All alone and without me to help you? I couldn’t have a borne it, it’d have been the death of me.’
  ‘It would be the death of you to come with me, Sam,’ said Frodo, ‘and I could not have borne that.’
  ‘Not as certain as being left behind,’ said Sam.
  ‘But I am going to Mordor.’
  ‘I know that well enough, Mr. Frodo. Of course you are. And I’m coming with you.’
   ‘Now, Sam,’ said Frodo, ‘don’t hinder me! The others will be coming back at any minute. If they catch me here, I shall have to argue and explain, and I shall never have the heart or the chance to get off. But I must go at once. It’s the only way.’
   ‘Of course it is,’ answered Sam. ‘But not alone. I’m coming too, or neither of us isn’t going. I’ll knock holes in all the boats first.’
   Frodo actually laughed. A sudden warmth and gladness touched his heart. ‘Leave one!’ he said. ‘We’ll need it. But you can’t come like this without your gear or food or anything.’
(中略)
‘So all my plan is spoilt!’ said Frodo. ‘It is no good trying to escape you. But I’m glad, Sam. I cannot tell you how glad. Come along! It is plain that we were meant to go together. We will go, and may the others find a safe road! Strider will look after them. I don’t suppose we shall see them again.’
  ‘Yet we may, Mr. Frodo. We may,’ said Sam.


 児童書といって舐めてはいけない! 今更ながら 洋書読みの難しさを、塩豆のように噛み締めています。 せっかくここまで読んだのでもちろん第二部にも進みますよ、ええ。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村


洋書ランキングへ