hearthのお気楽洋書多読ブログ

洋書読みの洋書知らず。永遠の初心者。 まったりとkindleで多読記録を更新中 (Twitter: @hearth2016)

Frost at Christmas (R.D. Winfield) - 「クリスマスのフロスト」 - 121冊目

ジャンル: 小説(推理)
英語難易度: ★★★
オススメ度: ★★★☆☆

本作はシリーズの第1作目。 ずいぶん前になりますが前評判が高かったので読んでみました。 シュッとした名探偵が出るわけではありません。 口とガラの悪いフロスト警部が登場、難事件を解決するというこのシリーズは、風采の上がらないコロンボ警部シリーズの系列に少し似ています。 ただコロンボの方は「能ある鷹」であり、実は類い稀ない推理力を持っているのですが、フロストは力技の人でした。(ルックスのイメージは「検屍官スカーペッタ」シリーズのマリノ警部?) 人情味はあるのですが部下の扱いがヒドく、今なら管理職失格の烙印を押されてしまいそう。

大量に盛り込まれたプロット。 下品だが愛嬌があると評判のジョーク。 この辺りが難しく分からなかったりするので、少し読むのに苦労しました。 単に自身の英語力不足が原因なんでしょうね。 翻訳が素晴らしいとの評価をよく聞くので、一度翻訳版でよんでみたいと思います。

Frost At Christmas: (DI Jack Frost Book 1)

Frost At Christmas: (DI Jack Frost Book 1)

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村


洋書ランキングへ