読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hearthのお気楽洋書多読ブログ

洋書読みの洋書知らず。永遠の初心者。 まったりとkindleで多読記録を更新中 (Twitter: @hearth2016)

Minimalism (Joshua Fields Millburn) - 「ミニマリズム - 30歳からはじめるミニマル・ライフ」- 102冊目

自己啓発

ジャンル: 自己啓発
英語難易度: ★☆☆
オススメ度: ★★☆☆☆

昨年の暮れですが「ワム! 」の中の人のひとり、ジョージ・マイケルさんが亡くなられましたね (「クラブ・トロピカーナ」がカッコよかった)。 ご冥福をお祈りいたします。

なぜ急にこんな話題かというと、今回の取り上げ本の表紙イメージがなんとなく「ワム!」を想起させる雰囲気だったもんで… (でもまったく関係なかったですね)

本作、シンプルライフ関連本。 邦題は「ミニマリズム 〜30歳からはじめるミニマル・ライフ」。 この系統の本は個人的に興味ありなんですが、著者2人組からは「俺たちってよくない?」的なナルシスト風の雰囲気が感じられて、ちょっとノレなかったのが残念。 (2011年発刊)


メモポイント
● とはいうものの、いいことも言ってます。幸せの要とは「自身の成長と他人への貢献」だと。

Growth and contribution: those are the bedrocks of happiness. Not stuff. This may not sound sexy or marketable or sellable, but it’s the cold truth. Humans are happy if we are growing as individuals and if we are contributing beyond ourselves. Without growth, and without a deliberate effort to help others, we are just slaves to cultural expectations, ensnared by the trappings of money and power and status and perceived success.


ミニマリズムのオススメとしてはFrancene Jayの「Miss Minimalist 」か、「The Joy of Less」が逸品。 お試しください。

Minimalism: Live a Meaningful Life (English Edition)

Minimalism: Live a Meaningful Life (English Edition)

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村


洋書ランキングへ