読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hearthのお気楽洋書多読ブログ

洋書読みの洋書知らず。永遠の初心者。 まったりとkindleで多読記録を更新中 (Twitter: @hearth2016)

Tuesdays with Morrie (Mitch Albom) - 「モリー先生との火曜日」- 66冊目

ジャンル: ノンフィクション
英語難易度: ★★☆
オススメ度: ★★★☆☆

モリー先生との火曜日」は感動のノンフィクション (2000年発刊)。

やがて死に至るALSという難病に侵された大学時代の恩師モリー先生と16年振りに連絡を取った新聞のコラムニストのミッチ・アルボム。  先生との毎週火曜日(Tuesdaysと複数形になってる!) の二人だけの「最後の授業」を通して、ミッチは生と死という厳粛な事実について深く考え学ぶようになる。


メモポイント
● 病床のモリー先生と二人だけの静寂な時間を過ごすミッチ。 最後の時を間近に悟った先生はミッチに静かに語りかける。

“Mitch,” Morrie whispered. 
Uh-huh? 
I rolled his toes between my fingers, lost in the task. 
“Look at me.”
 I glanced up and saw the most intense look in his eyes. 
“I don’t know why you came back to me. But I want to say this…” 
He paused, and his voice choked. 
“If I could have had another son, I would have liked it to be you.” 
  I dropped my eyes, kneading the dying flesh of his feet between my fingers. For a moment, I felt afraid, as if accepting his words would somehow betray my own father. But when I looked up, I saw Morrie smiling through tears and I knew there was no betrayal in a moment like this. 
  All I was afraid of was saying good-bye.


   死という厳粛な事実に直面して、人は何を学べるんだろう。
  併せて読むべき本は、スティーブ・ジョブススタンフォード大学でのスピーチと、ランディ・パウシュの「The Last Lecture 」。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村