読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hearthのお気楽洋書多読ブログ

洋書読みの洋書知らず。永遠の初心者。 まったりとkindleで多読記録を更新中 (Twitter: @hearth2016)

A Study in Scarlet (Arthur Conan Doyle) - 「緋色の研究」- 54冊目

小説(推理)

ジャンル: 小説(推理)
英語難易度: ★★☆
オススメ度: ★★★★☆

  世界一有名な探偵シャーロック・ホームズ。 彼のデビュー作であるこの「緋色の研究」は僕の一番のお気に入りです。 (1887年発刊)    推理小説のキモであるトリックが目を見張るほどの事はないんだけど、ホームズという常識離れで魅力的なキャラクターを生み出したところにドイルの成功があるんだろう。  このシリーズを読むと、僕は推理小説が好きなのではなくて、ホームズ自身が好きなんだ、改めてそう思う。
  ホームズ関連本は巷に溢れているので、自分の考えをいまさら書くのではなく、気に入った箇所を以下抜粋。

(あまりにも有名なホームズとワトソンとの出会いシーン)

  • “How are you?” he said cordially, gripping my hand with a strength for which I should hardly have given him credit. “You have been in Afghanistan, I perceive.” “How on earth did you know that?” I asked in astonishment.


(ワトソンがホームズの知識について通知表をつけている。 かなり偏った見立てで、実際にはホームズはもっと広範囲な知識を持っており後日この評価は間違っていたとワトソンが訂正している。)

  • I enumerated in my own mind all the various points upon which he had shown me that he was exceptionally well informed. I even took a pencil and jotted them down. I could not help smiling at the document when I had completed it. It ran in this way: 

Sherlock Holmes —his limits 

1. Knowledge of Literature. —Nil
2. Philosophy. —Nil
3.  Astronomy. —Nil
4. Politics. —Feeble. 
5.  Botany. —Variable. Well up in belladonna, opium, and poisons generally. Knows nothing of practical gardening. 
6. Knowledge of Geology. —Practical, but limited. Tells at a glance different soils from each other. After walks has shown me splashes upon his trousers, and told me by their colour and consistence in what part of London he had received them. 
7. Knowledge of Chemistry. —Profound. 
8. Anatomy. —Accurate, but unsystematic 
9. Sensational Literature. —Immense. He appears to know every detail of every horror perpetrated in the century. 
10. Plays the violin well. 
11. Is an expert singlestick player, boxer, and swordsman. 
12. Has a good practical knowledge of British law.


(ホームズの様な推理スタイルには更に先輩がいる。ポーが創造したオーギュスト・デュパンだ。 ワトソンがホームズを彼になぞらえると、ホームズは、あんなのと一緒にしないでくれと一蹴。)

  • “It is simple enough as you explain it,” I said, smiling. “You remind me of Edgar Allan Poe’s Dupin. I had no idea that such individuals did exist outside of stories.” Sherlock Holmes rose and lit his pipe. “No doubt you think that you are complimenting me in comparing me to Dupin,” he observed. “Now, in my opinion, Dupin was a very inferior fellow.


   本作はモルモン教に対する誤解もあり(クレームもんでしょう)、推理小説そのもののグレードとしてはかなり微妙なところ。 だがやはりホームズというキャラクターを初めて創り上げた本作は名作と言っていいと思う。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村