hearthのお気楽洋書多読ブログ

洋書読みの洋書知らず。永遠の初心者。 まったりとkindleで多読記録を更新中 (Twitter: @hearth2016)

The Happy Prince (Oscar Wilde) - 「幸福な王子」- 97冊目

ジャンル: 小説(児童)
英語難易度: ★☆☆
オススメ度: ★★★☆☆

オスカー・ワイルドによる童話。街の広場に立つ高価な宝石で飾られた王子の像と、少しツンデレ気味だが心優しいツバメの物語。 実は像には亡くなった王子の心が宿っている。 不幸な人々を見過ごせない王子の魂が残念ながら悲しいラストにつながります。( 1888年発刊)

本作や「泣いた赤鬼」とか僕はこの手の切ない話にホント弱い。涙腺を刺激する。(青鬼よ、君はなんていい奴なんだ) この青鬼とともに、本作のツバメは、僕の「いい奴」ランキングの5本の指に間違いなく入ります。(他は誰かという質問は置いといて)

(以降、ネタバレ注意!)

皮肉屋のワイルドなのでこれは単純な美談ではない。 これだけ街のみんなに尽くしたにも関わらず、王子の像とツバメの死骸はその街の人々自身に壊され、打ち捨てられてしまう。自己犠牲と盲信と身勝手さ。 最期に神が讃えようが何しようが、街の人々が取った仕打ちは変わらない。 「フランダースの犬」もそうだけど、ラストの救いのなさがこの話をより強く印象づけている。 それが逸品として残されてきた理由だと思う。

メモポイント

● ツバメが王子に別れを告げる。 いい奴オーラ満載のシーン。

The poor little Swallow grew colder and colder, but he would not leave the Prince, he loved him too well. He picked up crumbs outside the baker’s door when the baker was not looking and tried to keep himself warm by flapping his wings.
But at last he knew that he was going to die. He had just strength to fly up to the Prince’s shoulder once more. “Good-bye, dear Prince!” he murmured, “will you let me kiss your hand?” “I am glad that you are going to Egypt at last, little Swallow,” said the Prince, “you have stayed too long here; but you must kiss me on the lips, for I love you.”
“It is not to Egypt that I am going,” said the Swallow. “I am going to the House of Death. Death is the brother of Sleep, is he not?”
And he kissed the Happy Prince on the lips, and fell down dead at his feet.
At that moment a curious crack sounded inside the statue, as if something had broken. The fact is that the leaden heart had snapped right in two. It certainly was a dreadfully hard frost.

Early the next morning the Mayor was walking in the square below in company with the Town Councillors. As they passed the column he looked up at the statue: “Dear me! how shabby the Happy Prince looks!” he said.


切ないなー。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村


洋書ランキングへ